2017年07月03日

《続》構造設計、楽しいですか?

皆さん、構造設計、楽しいですか?

私は最近、つまらない。

最近の設計者にはモラルも哲学もなくなった。構造設計者の役割は建築基準法と黄色本「建築物の構造関係技術基準解説書」のみに従って、設計すること。
そして、一貫構造計算プログラムを如何にOKにするか、ワーニングを消すか。。。

逆に言うとこれらに対し、OKなら、どんな設計をしても問題ないと思う設計者が増えた。設計の善し悪しが、基準に書いてある、書いてないが判断基準になっている。

よって、構造設計に対する議論も無くなってきている。

更に困った事には設計に対して、責任を持てるのか?と聞くと「私は法律に従って、設計をするだけなので、万が一、壊れても責任はありません。そもそも、実際にもつか、もたないかは誰も分からないし、責任は、そのルール、基準を作った人にあると思います」と言う。

もちろん、万が一の事態が起きた時に損害賠償をせよとのつもりはない。だから、誠実であるべきではないのでしょうか。

彼らの口癖は「構造計算上、OK、NG」

そりゃ、建築構造関係の各種指針や文献も売れなくなりますよね。自分で考える必要はない訳ですから。

適判を含む建築確認の審査制度の問題もあると思います。「告示の○○○号、技術基準解説書のP.○○、プログラムのマニュアルのP.○○に。。。」こんな事ばかり、スラスラ言える審査員も多い。

そこには技術的な議論はない。

構造計算の答えは一つではないはず。そもそも、たくさんの仮定の上での一つ解である構造計算結果が今は、唯一無二の真理になっている。

様々な仮定、条件を変えた複数の計算結果を確認申請の計算書につけようものなら、全ての電算出力の添付を求められ、計算書枚数は万単位の枚数になる。また、それぞれに対して、各部計算を求められる。整合性の名のもとに。

だから、設計者も一つの条件の検討しなくなる。

これでいいのですかね?

最近の設計者の計算書を見ても、ポリシーや哲学を感じられない。ひたすら、確認申請、適判を円滑に通すための資料。

つまらない。

posted by 建築構造設計べんりねっと at 21:26| Comment(0) | コラム

2017年06月12日

CLT構造って、必要ですか?これって、技術?

CLT構造って、必要ですか?






 CLTとはCross Laminated Timberの略称で、ひき板(ラミナ)を並べた後、繊維方向が直交するように積層接着した木質系材料です。厚みのある大きな板です。
 CLTは1995年頃からオーストリアを中心として発展し、現在では、イギリスやスイス、イタリアなどイギリスやスイス、イタリアなどヨーロッパ各国でも様々な建築物に利用されています。また、カナダやアメリカ、オーストラリアでもCLTを使った高層建築が建てられるなど、CLTの利用は近年になり各国で急速な伸びを見せています。特に、木材特有の断熱性と壁式構造の特性をいかして戸建て住宅の他、中層建築物の共同住宅、高齢者福祉施設の居住部分、ホテルの客室などに用いられています。(以上、一般社団法人 日本CLT協会のホームページから引用)

 日本でも2016年3月31日及び4月1日にCLTを用いた建築物の一般的な設計法等に関して、建築基準法に基づく告示が公布・施行されています。

 海外では9階建のマンションなど中高層建築もCLTで建設された例もあります。

CLTって、木造なんでしょ。はい、木造です。

 確かに木造で中高層建築を作るの凄い技術だと思います。でも、建築主、クライアントは嬉しいですか?

 これって、技術なの?

 木造と言うと戸建住宅に採用される構造であるイメージがあります。なぜ、戸建住宅は木造にする?
 理由は安いからではないですか?同じ価格なら、鉄骨造、RC造を選びませんか?

 中高層建築では未だ、CLTはRCよりもコストが高いそうです。

 これが劇的に安くなるなら、凄い技術だと思います。しかし、現状から考えるとこれから、進歩しても、せいぜい同等か少し安くなる程度だと思います。

 では、何故、CLT構造を推進しようとする人がいる。

 木材を売りたい人、技術者としても自分の名声。。。結局、ユーザーよりも自分の利益のような。

 CLTではないと実現不可能な建物形状があるの言うのであれば、ある程度は発展すると思うが、そんなのあるだろうか。むしろ、他の工法の方が圧倒的に自由度も高い。

 多分、数年後にはなくなっていると思う。
 
posted by 建築構造設計べんりねっと at 22:48| Comment(0) | コラム

2017年04月20日

構造設計セミナーで構造設計を習得した構造設計者なんて居ますか?


『建築構造設計べんりねっと』へのコラムの投稿より。


建築構造設計べんりねっとに投稿します。
投稿、コラムと言うか、愚痴です。

うちの会社の若手社員のA君。今年で四年目。しかし、まだ、小さい建物も構造設計できるスキルも身に付けていない。

分からない事は自分で調べずに直ぐ上司に聞く。残業を古い社会と否定し、やたらと業務効率ばかり考える。協力事務所に依頼した方が効率が良いと主張。協力事務所には工程だけは厳しい。

そんな感じで自分で設計しないから、未だに小さい建物の構造設計も出来ない。

しかし、やる気のアピール?だけは人一倍。高い技術を身に付けたいのでと日本建築センターの基礎コースを始め、各種講習、セミナーには積極参加。

多分、費用は会社から出るし、その日は会社に来なくて良いと言うのが本当の理由と思うが。
更に会社の経費でしょうもない初歩的な構造設計の書籍を大量購入。

構造設計セミナーだけで、構造設計を習得した人なんて居ますか?

もし、そんな人が居るなら、聞いてみたい。上司の仕事を手伝いながら、覚えていくものではないですか?構造設計は。そんな時代ではないのですかね。


posted by 建築構造設計べんりねっと at 22:25| Comment(4) | コラム