2018年06月18日

AIによる構造設計の法的責任

サッカーワールドカップが開幕しました。
今大会では、ビデオで判定を補助するVAR(ビデオアシスタントレフェリー)、
ゴールインを自動判定するゴールラインテクノロジーなどのテクノロジーが導入されています。

今まで人間が判断していたものが機械に委ねられるようになりました。これからも様々な判定が機械に委ねられるようになるでしょう。
しかし、これはどのくらいの精度があるものなのでしょうか。また、システムにトラブルがあった場合は誰が責任を取るのでしょうか?

最終責任は審判ですか?他の人が作った機械による判断の責任を別の人が取るのでしょうか?

車の自動運転技術も同じような議論があります。
puffer (2).jpeg

さて、AIを構造設計に導入する研究も行われています。構造設計AIが出来た際の設計責任は、誰に属するのでしょうか?また、建築士法はどのように変わるのでしょうか。

プログラム(AI)メーカーではなく、あくまで各構造設計者(人間)の責任になるとしたら、プログラム(AIシステム?)のアウトプット、計算過程のチェックが必要です。ここで自分の考えに合わない場合は修正指示をする。これでは人工知能ではなく、ただのオペレーターです。






構造設計AIが実現した近未来では、設計内容をチェックするために構造設計者(人間)が昔(現在)の一貫構造計算プログラムを使って、妥当性を確認するとか笑えない状況になってるかもしれません。

そもそも、スポーツのルールも構造設計の基準、構造計算も完全なものではありません。また、予期せぬ事態、不確実性と言うものもあります。この中でも唯一無二の解を求めるなど、意味のない事かもしれません。

最終責任は構造設計者にある、AIの行った設計を隅から隅までチェックしないとならないなら、AIよりも自分のクローンを作ってくれたら、構造設計者は喜ぶ。
学習させればクローン的になるのだろうか。

今ある大臣認定プログラムもバージョンアップがあるとそれで設計された建物は既存不適格になる。(変更、改定内容によるが)

構造設計AIもバージョンアップがあると、構造設計AI君は「それは前のバージョンだから」と他人事のように対応するのだろうか。
posted by 建築構造設計べんりねっと at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2018年05月12日

建築設計の二刀流

MLB ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平の活躍が、話題になっています。賛否両論ありましたが、投手と打者の二刀流を貫いています。
しかし、残念な事に必然的に休みが多くなってしまうので投手としての規定投球回数、打者としての規定打席数に達してはおらず、個人成績ランキングには出ません。これのほどの大選手が記録を残せないのは残念です。
40529A4C-8437-4DE7-9B74-38F4ED835668.jpeg

効率や成果を求めるには二刀流はどうなんでしょう。

我々、設計業界で言ったら、構造設計と意匠設計の両方を一人でこなすようなものです。このような方も居る事は確かですが、両方をプロとしてのレベルで対応出来ている設計者は皆無だと思います。

意匠又は構造を本業とし、受注を増やすために他方も遣れると言う。。。しかし、その質は、とてもプロフェッショナルとは言えないレベル。。。

設計業界は意匠、構造、設備と別れ、更には設備では電気、衛生・給排水、空調、意匠では設計事務所により、得意な建物用途があります。構造においても、木造、非木造(RC、鉄骨)と専門が分かれ、両方を高いレベルでこなす人は多くはないと思います。




メジャーリーグは日本プロ野球よりも分業制が進んでいますが、設計業界も分業されています。それだけ、高いレベルでの設計を求められているからです。

大谷翔平選手は、特別だから、これだけ注目されるのです。

私達、普通の人間は出来る事を頑張るしかない。

意匠も構造も出来ますと言う設計は、どちらも中途半端、設計量が安いだけを売りの設計者、事務所が多いような。
posted by 建築構造設計べんりねっと at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2018年04月17日

構造設計に携わる新入社員へ、二級建築士は受けるな!

今春、大学を卒業、就職し、構造設計に携わる事になった新入社員の皆さん、今は研修中だと思います。お疲れ様です。
puffer (1).jpeg

大学を卒業すると二級建築士の受験資格が得られます。つまり、今年度、二級建築士の受験が出来ます。会社からも二級建築士取得を奨励されている方も多いと思います。

「建築士の資格なしで設計するのは無免許運転と同じ。資格がなければ、貴方はただの人」とか言われていると思いますが、二級建築士を取っても、構造設計者が係わる規模の建物は殆どありません。
それよりも確実に三年目で一級建築士を取得する事です。そして、早く構造設計一級建築士を取得する。

二級建築士を取っても何の役にもなりません。

会社によっては、仕事を覚える事よりも、二級建築士を取得させるのに躍起になっている所もありますが、それで貴方のためになりますか?
それよりも大事な事はないですか?今の時期に。

大学を卒業して、構造設計に携わる訳ですから、構造力学など基本が出来て、当たり前です。ちゃんと出来ますか?

まあ、人一倍、大学で勉強しなかった私が言うのも何ですが、会社に入ったら勉強して、取り戻せば良いのです。





二級建築士などの勉強をしてる時間などは無駄です。この大事な時期を大切にして下さい。

会社によっては、仕事しなくて良いから、資格の勉強をしろなどと言う所もあります。働き方改革で仕事、研修(OJT )の時間も限られます。
取っても役にたたない資格のために大事な一年間を費やす事のメリットはありますか?

その間、バリバリ仕事に携わったライバルに勝てますか?
3年後は同じ一級建築士です。
posted by 建築構造設計べんりねっと at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム