2018年04月09日

今こそ、四号特例を廃止!日弁連も問題視

一級建築士の懲戒処分が出されています。
http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000721.html

木造の壁量不足、仕口部の仕様違反が殆どです。きっと、構造審査のない四号建物なのだと思います。

建築士の処分の対象となるのは、構造だけではないと思いますが、木造の構造ばかり。。。

それでも、四号特例を続けるのですかね?
氷山の一角では?
puffer.jpeg
処分で名前が出ている建築士は複数件の違反があった人だけ。
一回なら、処分なし?その建物は?その建物に住んでる人は?

四号建物向けの工法は上部構造に係わらず、基礎工法、地盤補強もたくさんあります。ある意味、先進的です。
建築確認での審査が不要なので、大臣認定、評定、技術審査証明等の取得も不要。自由に出来ます。

ご丁寧に「四号建物以外は使用出来ません。」などとホームページに書いてある工法もあります。
四号建築物は建築基準法の準拠が免除されている訳ではありません。
これは、建築基準法に違反していますと自ら、宣言しているようなもの。

「建築構造設計べんりねっと」でも、四号特例廃止を訴えて、アンケートを実施したりもしましたが、力不足により、改善にはならず。。。

http://arc-structure.sakura.ne.jp/enquete7.htm

ここで強い味方が!
日弁連が4号特例見直しを国に直談判をしています。

「日経 xTECH」記事
http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00091/00013/


「日弁連ホームページ」より
https://www.nichibenren.or.jp/activity/document/opinion/year/2018/180315_6.html

意見書全文を読んでも、妥当な内容です。

国土交通大臣様、国土交通省の官僚様、まだ、四号特例を続けるのですか?

森友問題、日報問題よりも重大な事です。





posted by 建築構造設計べんりねっと at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2018年03月21日

『JSCA版 S建築構造の設計』が改訂されました!7年ぶり

構造設計者・技術者の必携書『JSCA版 S建築構造の設計』が改訂されました。


他にも最近では、鋼構造座屈設計指針 第4版建築工事標準仕様書 JASS6が改訂されたり、鋼構造に動きが出てますね。

最近、木造が多く取り上げられる事が多いので、良い傾向です。

posted by 建築構造設計べんりねっと at 17:02| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース

2018年03月12日

アークデータ研究所、WRC 8階建て対応の一貫構造計算プログラムをリリース!

アークデータ研究所が新しい構造計算プログラムをリリースしました。
名前は、『WRC8』

mainVisual.jpg

その名前の通り、8階建までの壁式鉄筋コンクリート造を対応出来る一貫構造計算プログラムです。
http://www.archdata.co.jp/aspace/campaign/campaign_wrc8.html

壁式鉄筋コンクリート造は基本、5階建てまでですが、限界耐力計算をする事により、8階までを対応します。

業界初!確かに凄い発想ですね。

ただいま、発売を記念して10%OFFキャンペーンを実施中!(5月11日まで)

8階建の壁式鉄筋コンクリート造がどのくらい需要があるかですが、今までは、そのような発想が無かったため、実績は皆無と思います。私は一度だけ、アトリエ系の某構造家の構造設計で見た事があります。

このプログラムは、今まで遣らなかった構造形式を提案すると言う意味でも画期的ですね。

このプログラムを使って、今まで出来ないと思われていた5階建てを越える壁式鉄筋コンクリート造を提案出来たら、技術力をアピール出来るのでは。




posted by 建築構造設計べんりねっと at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース