2021年01月02日

日本を代表する有名≪女性≫建築家の構造設計パートナーは?

 建築構造設計べんりねっとで「日本を代表する有名建築家の構造設計パートナーは?」と言う記事を書きましたが、残念ながら、ベスト10に女性建築家は居ませんでした。そこで女性建築家に焦点を当て、構造設計パートナーを調べてみました。
 尚、同じく、建築系学生のための情報サイト「LUCHTA」が行った「建築学生が選ぶ“好きな建築家”ランキング」から、選びました。




妹島 和世 日本の女性建築家ナンバーワンは、もちろん、建築家ユニットSANAAとして活動している妹島和世氏。日本人女性で唯一プリツカー賞を受賞しており、ルーヴル美術館ランス別館など国内外で様々な建築物を手掛けています。

 代表作品の一つである金沢21世紀美術館。この建物の構造設計は小西泰孝氏が佐々木睦朗構造計画研究所時代に行ったものです。
金沢21世紀美術館.jpg
構造形式:鉄筋コンクリート造 鉄骨造
竣 工 年:2004年

 他には、すみだ北斎美術館、なかまちテラスも佐々木睦朗構造計画研究所が構造設計を行っています。
 妹島氏の作品は複雑な形状が多く、これを実現するには、やはり、佐々木睦朗先生が力が必要なのでしょう。

乾 久美子 乾 久美子氏はルイ・ヴィトン、ディオールなどの商業建築を始め、多くの実績を残している日本を代表する女性建築家の一人です。
 私が選んだ作品は「アパートメントI」です。この建物の構造設計は空間工学研究所、現KAPです。
アパートメントI.jpg
構造形式:鉄筋コンクリート造
竣 工 年:2007年

 近年の作品である延岡市駅前複合施設(エンクロス)においても、KAPが構造設計を担当しています。



中川 エリカ 中川 エリカ氏は、2014年に事務所を設立、個人邸、集合住宅を中心に設計活動を行っています。JIA新人賞、吉岡賞、U-35ゴールドメダル、 Toyo Ito Prize(伊東豊雄賞)など多数受賞し、今後の建築界を担うと言われている若手建築家の一人です。
第34回吉岡賞を受賞した『桃山ハウス』の構造設計はストラクチャードエンバイロンメントが行っています。なるほど、ここかとの感じです。
桃山ハウス.png
構造形式:RC造 一部鉄骨造
竣 工 年:2016年

 面白いのは新宿パークタワーのラウンジ設計で什器構造に小西泰孝建築構造設計が係わっていることです。






 少し残念なのは女性構造家が係わっていなかったこと。次は女性構造家が係わっている建築家を調べてみます。
posted by 建築構造設計べんりねっと at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート

2020年11月25日

確認サービス社の建築士定期講習。マイページからの申し込みなら、1分で完了!

 今年度、私は一級建築士と構造設計一級建築士の両方の定期講習の受講年度です。
 構造設計一級建築士については新型コロナウイルスによる定期講習延期が解除されて、直ぐに受講したのですが、一級建築士の方をすっかりと忘れていて、この時期での申し込みです。

 講習機関はもちろん、確認サービス社民間で構造設計一級建築士の定期講習を行っているのは、確認サービス社だけであり、一級建築士の定期講習も確認サービス社なら、申込みも簡単です。

 今回は新しく出来たマイページ機能からの申込みをレポートします。マイページ登録は構造設計一級建築士の定期講習申し込み時に行っています。

 あまりに簡単に出来るので一気に解説します。

2020kakunin.jpg.jpg

@確認サービス社の定期講習のページにアクセスし、『マイページにご登録済みの方』から、ログイン

my00.png

Aマイページメニューの『マイページ講習会申込』から、受講日、会場を指定で申込完了!

my01.png

 申込のための必要情報は全て、マイページに登録済なので、3回程度クリックすれば完了します。

 ※顔写真は6か月以内に撮影したものとなりますので新たに用意しておく必要があります。

B登録メールに決済ページの案内が来ますのでクレジットカード情報を入力すれば決済完了

my03.png

 この間、なんと1分!あっと言う間に終わります。

 やっぱり、構造設計者は確認サービスで定期講習を受けるのがおすすめです。
posted by 建築構造設計べんりねっと at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート

2020年07月26日

3ヶ月の在宅勤務で構造設計に必要だとわかったもの

 緊急事態宣言が解除されましたが、また、コロナ感染者が増えてきています。これで平常に戻ると思ったのは淡い期待でした。
 緊急事態宣言以降、多くの会社や設計事務所の社員を在宅勤務に切り替えました。しかし、それは緊急措置としての対応であり、在宅で変わらず業務が出来たかと言うとそうではない。

 本格的に在宅勤務を行うのに必要なものを考えます。

プリンター
 在宅勤務で構造設計を行う場合、何が不便かと言うと印刷が出来ないことでしょう。構造計算の作業を行う場合も手元に紙の図面が必要です。計算書、図面をチェックするにも印刷しないと精度、効率的にも大幅に落ちます。
 自宅にも家庭用のインクジェットプリンターはあるものの、印刷速度、コストを考えると仕事では使えません。まずはプリンターを用意しましょう。
 
 業務用プリンターと言うとランニングコストを考え、レーザープリンターを考えるかと思いますが、インクジェットプリンターも業務用のものであれば、レーザープリンターよりもコスト的に有利になってきています。

 機能として、絶対欲しいのは、A3サイズの印刷。図面をチェックするには最低、A3サイズにしたい。おススメはこの機種。金額は、30,000円程度です。



 もちろん、ネット、家電量販店で購入しても良いのですが、私のおススメはレンタルです。定額&刷り放題、印刷枚数上限3,000枚/月で月額 10,000円です。





 この在宅勤務がいつまで続くのかも判りません。使ってみたら、もっと高性能なプリンターが必要となるかもしれません。長い期間使用するのであれば購入の方が良いですが、インク代などを考えると月に数千円の差です。






この機会に高速ネット回線を!
 在宅勤務を行う上で絶対に必要なのはネット環境。既に自宅にWi-Fi環境はあるかと思いますが、回線速度はどうでしょうか?Web会議で音声が途切れるなどは起きていないでしょうか?
 私が使っているJ:C●Mは遅いし、トラブルも多い。。。

 この機会に高速ネット回線に変えましょう。





Web会議で欲しい!ペンタブレット
 在宅勤務、テレワークで不便を感じている事の一つは、対面での打合せであれば、スケッチを描き、「こんな感じ」と説明出来たものがWeb会議では。それが出来ない。

 ぜひ、ペンタブレットを導入しましょう。

 ペンタブレットには、モニターとペンタブレットが一体となっている液晶ペンタブレットとパソコンの画面上に絵が表示される板型ペンタブレットがありますが、打合せでのスケッチ程度であれば、板型ペンタブレットで十分です。価格の数千円です。

 おススメはワコム製のペンタブレットです。




専門書籍を完備する!
 在宅勤務で困っている事のもう一つは各種構造設計基準書がないことです。全ての基準、指針が頭に入っている人などは居ません。やはり、各種基準書、指針がないと仕事になりません。最低、数冊は必要になることでしょう。
 最近、建築物の構造関係技術基準解説書が多く売れているのも在宅勤務の影響でしょう。

 


 
これらの投資は誰がする?
 問題は。これの投資、経費は誰が負担するのかと言う事です。

 ネット回線は個人で負担するしかないと思いますが、その他は会社、事務所が貸与するべきと思います。必要な環境を用意せず、業務効率が低下することを考えれば、安いものです。




posted by 建築構造設計べんりねっと at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート