2016年11月04日

日本最大手の構造設計事務所はどこ?★構造設計事務所ランキング

日本最大手の構造設計事務所はどの事務所か調べ、1位〜10位までの
ランキングにしてみました。
対象は構造設計専業の事務所です。ランキングは技術者数、構造設計一級建築士数、拠点数及び「建築構造設計べんりねっと」の独断で決めました。





まずは、6位〜10位

6位:株式会社 飯島建築事務所
    http://www.iijima-sd.co.jp/index.html

    技術者:36名(構造一級10名)
    拠 点:川崎、名古屋、東京
    設 立:1975年

7位:エス・エー・アイ構造設計株式会社
    http://www.sai-structure.com/index.html

    技術者:31名(構造一級5名)
    拠 点:福岡、東京
    設 立:1986年

8位:株式会社オムニ設計
    http://www.omni-arc.co.jp/

    技術者:38人(構造一級 不明)
    拠 点:東京
    設 立:1990年

9位:株式会社 クロスファクトリー
    http://www.cross-f.co.jp/home.html

    技術者:30名(構造一級5名)
    拠 点:千葉
    設 立:2003年

10位:株式会社 ヨシザワ建築構造設計
    http://www.yoshizawa-arch.co.jp/index.html

    技術者:57人(構造一級1名)
    拠 点:京都、埼玉
    設 立:1998年



大手構造設計事務所ベスト10に入る事務所は、30人以上の技術者が居ます。
年間200〜300件程度の設計を手がけている規模の事務所になります。

株式会社 飯島建築事務所を除き、構造設計一級建築士数が一桁と言うのは、
やや寂しい感じがします。


続いて、4位、5位!

4位:さくら構造株式会社
    http://sakura-kozo.jp/

    技術者:61名(8名)
    拠 点:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄
    設 立:2006年


5位:日本建築構造センター株式会社
    http://www.japansc.com/

    技術者:100名(構造一級3名)
    拠 点:東京、鹿児島
    設 立:1989年

さくら構造が入ってきました。わずか10年で7拠点、所員数61名は急成長の証です。

日本建築構造センターは技術者数100名とかなり多いですが、構造設計以外の他の事業も
行っているためと思われます。

ではベスト3!





1位:株式会社 織本構造設計
    http://www.orimoto.co.jp/index.html

    技術者:80名(21名)
    拠 点:東京、大阪、九州、台湾
    設 立:1956年

2位:株式会社 エスパス建築事務所
    http://espace-ao.com/

    技術者:95名
    拠 点:大阪、東京、福岡、名古屋
    設 立:1973年

3位:株式会社 能勢建築構造研究所
    http://www.nosekenchiku.co.jp/
    
    技術者:49名(14名)
    拠 点:大阪、東京、福岡
    設 立:1960年

ベスト3に入る構造設計事務所が誰もが大手構造設計事務所、有名構造設計事務所
と認める事務所でしょう。歴史も古い事務所です。エスパス建築事務所も構造設計
一級建築士数は公表していませんが、同程度は居るものと考えられます。
また、これらの事務所は規模だけでなく、高い技術力を有している事も誰もが認める
事です。

と言う事で日本の最大手構造設計事務所は「株式会社 織本構造設計」に決定しました。

以上、構造設計事務所ランキングでした。
記載に間違っていたら、すいません。
posted by 建築構造設計べんりねっと at 08:00| Comment(0) | レポート

2016年10月09日

構造事務所設立計画D〜各種手続きを行う

さて、業務に必要な物は全て揃ったが、忘れてならないのは業務を行う上での各種手続き関係。構造設計事務所を個人で開業にするには以下が必要です。

@開業届け
新たに事業を開始する時には開業届けが必要です。届出を行う場所は所轄の税務所になります。
手数料は不要です。

A転入届け
事務所に郵便物を確実に届けてもらうには郵便局に転入届けを出す必要があります。
こちらも手数料は不要です。

B建築士事務所登録
ご存知の通り、業として設計を行うには建築士事務所の登録が必要です。
一級建築士事務所登録手数料は、18,500円になります。
http://www.taaf.or.jp/regist/01.html

これで構造設計事務所設立完了です。

費用は〆て、以下の通りです。
一覧.png

初期費用としては、200万円程度、月額経費10万円、年間経費10万程度となります。

すぐに業務を開始したとしても、設計料が支払いされるのは3ヶ月後とかになると思います。
これを考えると構造設計事務所を開設するには個人的な貯えは別として、400万円程度は用意しておく必要があると思います。

まあ、構造設計事務所開設の準備で最も必要なのは、確かな構造設計技術と仕事を依頼してくれる良いクライアントを見つけておくことですね!









posted by 建築構造設計べんりねっと at 07:00| Comment(0) | レポート

2016年10月07日

構造事務所設立計画C〜構造設計指針を揃える

構造設計を行う上で必要なものとして、各種構造設計指針を揃える必要があります。数多くの指針がありますが、日本建築学会の図書館に事務所が近く、調べものはそこで出来るので必要最低限の指針のみ揃える事とします。



建築物の構造関係技術基準解説書 2015年版
 (価格:8,640円)






鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説
 (価格:6,912円)





鉄筋コンクリート構造保有水平耐力計算規準〈案〉・同解説
 (価格:5,940円)


鉄筋コンクリート造配筋指針・同解説
 (価格:6,048円)


壁式鉄筋コンクリート造設計・計算規準・同解説
 (価格:7,020円)



鋼構造設計規準 許容応力度設計法
 (価格:5,184円)





鋼構造接合部設計指針
 (価格:5,616円)


鋼構造座屈設計指針
 (価格:5,400円)


鋼構造塑性設計指針
 (価格:4,320円)



建築基礎構造設計指針
 (価格:5,832円)





建築物荷重指針・同解説
 (価格:7,020円)



実務から見たRC構造設計
 (価格:9,180円)





実務から見た鉄骨構造設計
 (価格:10,476円)


実務から見た基礎構造設計
 (価格:7,128円)

〆て、88,884円
その他、年間15,000円程度は書籍代にかかるだろう。

只今の合計、初期費用2,046,707円、月額92,044円、年額94,303円



posted by 建築構造設計べんりねっと at 07:00| Comment(0) | レポート