2018年02月26日

構造計算プログラム『ASCAL』価格は他社の1/5以下、そして他社より高性能

『建築構造設計べんりねっと』で行ったアンケート「至上最強の高性能の一貫構造計算プログラムは?」では、Build一貫X(構造ソフト)がSS7(ユニオンシステム)を押さえて、第一位でした。

まあ、ユーザーが多い三大メジャープログラムが上位を占めた結果です。

「使いやすさ」ではなく、「高性能」では、私の予想は、SEIN La CREA(NTTファシリティーズ総研)、Midas e Gen(マイダスアイティジャパン)、ASCAL(アークデータ研究所)辺りが上位を占めるのではと思っていました。

私の会社では、Super Build、Build一貫、SEIN、Midas、ASCALの五種類の一貫構造計算プログラムを保有しています。

メインは、SS7です。Build一貫は協力設計事務所とのデータ共有用。SEINは持ってるだけ。Midasは一貫計算よりも特殊な部分計算用に使用しています。

マニアな社員が居るので、ここまで増えたのですが(笑)

そして、ASCALは、ある複雑な建物を設計するために導入しました。グリッドフリーで解析したい形状があったのです。

まあ、SEINでも解析出来たのだと思いますが、昔のN T TデータのBuildの使いづらいイメージがあって、敬遠気味。

Midasは圧倒的な高機能がありますが、一貫計算よりもFEMのような特殊な解析のイメージがあったので、使いやすさの面でASCALを採用しました。

ascal1.gif

まあ、この3つのプログラムは事実上の高性能プログラムのベスト3でしょう。

さて、価格です。ASCALは26万円で導入出来るのです。Build一貫は150万円程度。Super Buildは、もっとします。

正直、企業にとっては一本が数十万円でも、百数十万円でも大した差はないのですが、あの高性能でこの価格は凄いと思います。

インターフェースも馴染み安く、使いやすい感じです。

そりゃそうですよね。ASCALの株式会社アークデータ研究所の社長の吉沢氏は、構造計画研究所を経て、株式会社 構造ソフトの取締役だった方です。構造計算プログラムを知り尽くした方です。

私はプログラムやシステムなどは専門外でありますが、一度、使ったプログラムやシステムは古くなったからと言って、一から作り直すのは、かなり時間、投資が必要になり、難しいと聞いた事があります。システムだけだはなく、様々な工場などの設備もそうです。

構造計算プログラムを知り尽くした人が最も最近に開発したものが、最も高性能なものであるのは間違いありません。

しかし、過去の設計データの利用、プログラム修得の手間、導入費用などの問題で新しいプログラムを導入するのをためらう会社が多いのも事実です。構造計算プログラムのみではなく、他のアプリケーションも同じです。

ですが、過去の設計データで再検討を行う事は、どのくらいあるのでしょうか?ほとんどないと思います。

また、ASCALは26万円で導入出来てしまいます。導入費用も少なく済みます。

一つ問題があるとしたら、他社とのデータ共有をしづらい点がありますが、現状も3つの構造計算プログラムがシェアを分けあっている事を考えれば、これも問題にはなりません。

新たに事務所を立ち上げるのであれば、ASCALがオススメです。




ちなみにアークデータ研究所の吉沢社長も「建築構造は日大理工学部がNo.1説」通り、日大理工学部の出身でした!

posted by 建築構造設計べんりねっと at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | レポート

2018年02月22日

スマホだけで建物まるごと構造設計に挑戦!F

最後は基礎の設計です。

条件は以下の通り

基礎形式:直接基礎(独立基礎)
基礎下端:GL-0.80m
地耐力 :100kN / u
礎柱  :560×560(ベースパック保有耐力接合タイプ)






まずは、軸力の算定。

 X1-Y1
 屋根 0.65×3.0×4.0=7.8
 外壁 0.50×7.0×4.0=14.0
 床  6.70×3.0×4.0=80.4
 梁  24.0×0.5×0.9×7.0=75.6
    24.0×0.35×0.7×3.0=17.7
 ─────────────────────────
 合計 195.5kN

X2-Y1
 屋根 0.65×5.0×4.0=13.0
 外壁 0.50×5.0×4.0=10.0
 床  6.70×5.0×4.0=134.0
 梁  24.0×0.5×0.9×9.0=97.2
    24.0×0.35×0.7×3.0=17.7
 ─────────────────────────
 合計 271.9kN

(1)基礎の設計
3121D973-4201-411F-B5F2-B5B6AA9CCC71.jpeg

2DE59D34-A2F7-44BD-B6E9-4896E6666E19.jpeg

(2)地中梁の設計
E477DA69-C6B3-488F-8B18-1CB11B802709.jpeg

X方向大梁は地中小梁と同等以上とし、以下のようにします。
350×900
    端部   中央
上端筋 4-D19   4-D19
下端筋 4-D19   6-D19
STP   D10@200


これで、建物全部の構造計算が完了です。

posted by 建築構造設計べんりねっと at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート

2018年02月18日

スマホだけで建物まるごと構造設計に挑戦!E

残りはY方向のラーメン架構の地震時の応力計算。

アプリ、Webサービスが見付からず、いっその事、手で解くかと思っていた所、見付けました。
と言うか、『建築構造設計べんりねっと』のリンク集にありました。(笑)

エンジニアズ・ブックと言うWebサービスです。応力計算や断面性能計算、その他様々な技術計算が出来る凄いサイトです。スマートフォンでも使えます。

http://www.eng-book.com

応力計算結果はこちら
F8A355AF-48A8-4F38-B05A-9F3488A74CE6.jpeg
地震時応力
M=20kN ・m
N=5.0kN

全ての応力計算が終わりましたので最終の断面検定です。

(1)梁の断面検定
 Ms=8.8+20=28.8kN・m
 常時荷重時の検定比との比率より、
 28.8/8.8×0.27/1.5=0.59<1.0 OK

(2)柱の設計
 Ms=28.8kN・m
 Ns=14.8kN
 同じく、時の荷重時の検定比の比率から、
 曲げ 28.8/8.8×0.20/1.5=0.44
 軸力 14.8/8.8×0.02/1.5=0.03
 合計 0.44+0.03=0.47<1.0 OK

(3)ブルースの設計
 ブルースの設計は『建築構造設計べんりねっと』の公式集から、ブルースの計算表で確認。
M16:Na=38.6kN>18.03kN OK

鉄骨の断面検定は他にも「新日鉄住金 建設用資材ハンドブック 建築用材」と言うアプリでも出来ます。
iapp15.png
https://itunes.apple.com/jp/app/xin-ri-zhi-zhu-jin-jian-she/id724048551?mt=8

これで上部構造の設計は、完了!



posted by 建築構造設計べんりねっと at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート