2019年12月03日

建築構造設計べんりねっとブログ『建築構造のかたち○□△』人気記事!


「構造設計事務所の経営者の年収は、1000万円以上」

日経アーキテクチュア誌に掲載された構造設計者の年収についての記事より、構造設計事務所の経営者の年収を試算すると1000万円以上となった。
http://arc-structure-forme.sblo.jp/article/182224031.html





「日本最大手の構造設計事務所はどこ?★構造設計事務所ランキング」

日本最大手の構造設計事務所はどの事務所か調べ、1位〜10位までのランキングにしてみました。
対象は構造設計専業の事務所です。ランキングは技術者数、構造設計一級建築士数、拠点数及び「建築構造設計べんりねっと」の独断で決めました。
http://arc-structure-forme.sblo.jp/article/177524040.html


「構造設計事務所の年間売上、社員の年収って、どのくらい?」

社員数平均30人の構造設計事務所の年間売上高は3億円弱、一人当たり1千万円
なんと構造設計事務所の平均年収は、850万円になります!構造設計事務所の年間の売上高を調査してみました。
http://arc-structure-forme.sblo.jp/article/186674994.html


「いまさら、構造BIMを学ぶ」

皆さん、BIMを使ってますか?理解してますか?
と言う私が理解してません。今更ですが、BIMを学んでみたいと思ってます。
http://arc-structure-forme.sblo.jp/article/185774538.html


「某有名構造家の事務所に構造設計を頼んでみた。」

誰もが知っている某有名構造家の事務所に構造設計を依頼する事になった。
上がってきた構造計算書、構造図をチェックした所、ひどい!!!
http://arc-structure-forme.sblo.jp/article/178576795.html


「建築構造は日大理工学部がNo.1説」

Yahoo!知恵袋で面白い記事を見付けました。建築構造を学ぶには、日大理工学部建築学科が抜きん出ているとの事です。確かに松井源吾賞(現日本構造デザイン賞)は半分以上は日大出身者がしめている。
http://arc-structure-forme.sblo.jp/article/182335678.html


「構造設計系ユーチューバーを見つけました。『建築士 たぬき』」

動画サイトYouTubeを見ていたら、構造設計系ユーチューバーを見つけました。
『建築士 たぬき』と言うチャンネルで26歳の女性建築士たぬきさんが構造設計の解説をしています。
http://arc-structure-forme.sblo.jp/article/186178083.html

IMG_20190901_084718.jpg

「“建築ではなく建物”の構造設計をしてますが、何か?渡辺〇夫さん。」

品川区で開催されている建築構造のイベントで流されているインタビュー映像で某有名構造家の渡辺〇夫氏が以下のような事を語っていました。
http://arc-structure-forme.sblo.jp/article/186408742.html
posted by 建築構造設計べんりねっと at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月22日

テレビ番組SASUKEのタワー、構造解析されていたんですね。

先日、JSCAのイベントに行った時のことです。過去、JSCA賞を受賞した構造設計作品などが展示されていましまが、その中で、SASUKE(サスケ)のタワーが!!!




TBSテレビで放送されている人気番組『SASUKE(サスケ)』のファイナルステージのあのタワーです。
全員ショット.jpg
足場材を組み立てただけかと思ったら、ちゃんと構造解析にて、安全性が確認されています。

まあ、高さは約25mなので、倒れたら、死にますしね。確率は低いかもしれませんが。

説明のパネルによると構造設計を行ったのは、楠本玄英構造設計事務所と言う事務所です。

でも、これを解析するのって、部材数も多く、かなり面倒です。

良くみると梅田スカイビルに似ているかも。

JSCA展示の写真を撮りたかったのですが、撮影NGだったので、残念ながら、ありません。
尚、期限付き建築物として計画されています。

他にも面白い構造物の構造設計を探してみたい!お台場のガンダムは誰が構造設計した?
基礎形式は?かなりの塔状比だが。
posted by 建築構造設計べんりねっと at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月12日

実際にあった建築構造の笑えない話

私が聞いた過去に実際にあったことです。住宅メーカー、不動産会社の営業マンの笑えない営業トーク。
営業.jpg

平成27年、30年、免震装置、制振ダンパー性能偽装事件を受けて
「安心して下さい。弊社のマンションは、免震でも制振構造でもない耐震構造なので、地震に強いです。」

ん、耐震構造の方が強い?免震、制振より?


土石流被害のニュースを受けて
「土石流を受けても、建物が被害を受けないように1階には壁がない構造となっています。土石流が柱と柱の間を抜けていきますので安心です。」

ピロティになってるやんけ!土石流には強くなっても、地震に弱くなってる。






平成30年、大和ハウスの大臣認定不適合事件を受けて
「安心して、下さい!うちの建物は国土交通大臣ではなく、もっと厳しい民間会社の確認申請を受けてますから!」

大臣認定、性能評価の方が審査が厳しいと思うが。


平成27年、旭化成建材、杭施工データ偽装事件を受けて
客:「建物が沈んで傾いてるようなんだけど」
住宅メーカー営業マン:「確かに沈んでますね。でも、安心して下さい。ニュースになってる旭化成のような杭は打ってませんので」
客:「原因は?」
住宅メーカー営業マン:「悪いのは地盤ですね。」
客:「そうか、うちの土地の地盤が悪かったのか。」

そんな言い訳が通用するのか?悪いのは設計では。


平成23年、東日本大震災を受けて。東京、震度5
客:「建物にヒビが入ってるのだけど、原因はなにかしら?」
設計担当:「調べましたが、原因は地震ですね。でも、安心して下さい。直りますので。直ぐに見積りを持ってきます。」

そんな言い訳が通用するのか?地震で壊れないようにするのが設計では?震度5程度では。


平成17年、構造計算書偽造事件(耐震偽装事件)を受けて
「安心して、下さい!弊社の住宅は、構造計算をしていませんから、偽造はありますん。」

本当に笑えない。。。。




もっと、笑えない話。
友人:「中古マンションを買おうと思ってるのだけど。いわく付きのマンションで耐震強度が低いと言うらしいのだけど、大丈夫かな?」
私:「図面と計算書を見てみないと分からないけど、やめといたら。」


何らかの原因で耐震強度不足が発覚したが、取り壊しは逃れている。そんなマンションが流通しているらしい。

P投げ銭!
posted by 建築構造設計べんりねっと at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記