2020年04月21日

建築構造の名門、日大理工学部を徹底研究B〜JSCA、建築学会と特別な繋がりがあるのか?

 日大理工について、謎を紹介します。
日大理工はJSCAと特別な繋がりがある?
 建築構造設計者、構造エンジニアで構成される最も権威がある任意団体である一般社団法人 日本建築構造技術者協会(略称JSCA)では『構造デザイン発表会』と言う会員が日常の設計業務の中で行なっている様々な創意工夫を凝らした作品を発表し合うことにより、会員相互で切磋琢磨し構造設計技術の研鑽を図ることを目的とした発表会が行われています。
 開催場所は、東京と地方で隔年で開催されていますが、東京開催は全て、日本大学理工学部駿河台校舎で行われています。





日大理工は日本建築学会と特別な繋がりがある?
 昨年(2019年)に建築学会にて、アーキニアリング・デザイン展2019(構造技術が拓く建築と空間)が開催され、構造技術の歩み「空間構造」と「対震構造」、構造デザインの世界「若手構造家のプロジェクト」、「川口衞メモリアル」などの展示の中に力学から東京オリンピックへ「学生と考える五輪スタジアム」として、日大理工の学生の作品が展示されていました。
DSC_0024.JPG





 東京であれば、東京大学。東京工業大学。早稲田、理科大もある。何故、日大理工なのか?

 この謎は判りませんが、日大理工で学ぶ建築学生は最先端の構造設計、一流の構造設計者、構造家の構造設計に触れられる機会が多いと言う事です。

A-Forumの代表者も日大
 もう一つ、構造関係の団体として、A-Forumがあります。和田章先生、神田順先生、金田勝徳先生をコアメンバーとし、斎藤公男先生が代表を務めています。斎藤先生、和田先生、神田先生はまさに構造設計業界のビックスリーである。この団体の代表が日本大学名誉教授です。ちなみに金田先生も日本大学出身です。
posted by 建築構造設計べんりねっと at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187394438

この記事へのトラックバック