2019年11月27日

天空率で設計すると杭のコストが上がる!?

平成14年の建築基準法改正で土地の有効利用を目的に天空率が導入されました。これは本当に効率の良い設計方法なのでしょうか?




構造屋の私が素人ながら、説明すると天空率とは、こんな事です。

従来の道路制限などによる絶対高さの制限から、同等の天空率とした場合、高さ制限が緩和されると言うものです。
具体的には、ある地点から、空が見える面積を同じにすれば、高さ制限は守らなくて良いと言うことです。

どうするかと言うと建物を敷地いっぱいに建てるのではなく、幅は狭め、上に伸ばすのです。これにより、容積が多く取れるので、土地利用としては、効率が良くなります。
天空.png
本当に効率が良いのか?

構造設計者なら、想像付くと思います。


そうです。天空率による設計で敷地に余裕があるに関わらず、塔状となる建物が増えているのです。

構造設計者でない方に説明します。建物の高さと幅の比が、4を越えると建物の転倒に対する検討が付加され、杭コストが大幅に増えるのです。

このような建物が増えています。





他にも容積を多くするための手法により、塔状建物となり、杭コストが増えている事例があります。

日影規制の対応です。

建物(幅、高さ)が大きくなると当然、日影時間が長くなります。そこでどうするかと言うと敷地を2分割して、別々の建物とし、日影規制をクリアしようとする人が居ます。

所有者は同じでも、建築基準法上は別となります。日影規制は、それぞれで適用されるので、対象となる裏のお宅の日影時間が長くなっても、「それは、隣の建物からの日影ですから、私は知りません。」がまかり通ります。
日影.png
建物形状としては、一つの建物を二棟に分け、上に伸ばすので、当然、塔状比があがります。杭コストが増える事になります。

このような計画は土地の有効利用なのですかね?使わない部分を多く残した建物が。
posted by 建築構造設計べんりねっと at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済設計手法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186854401

この記事へのトラックバック