2019年11月11日

構造の経済設計「経済性は構造の重要な性能」

 構造設計の“品質”を考える上での要素として、安全性、耐久性、生産性、経済性、法適合があります。最近では環境性能も求められています。




 どれが欠けてもならない訳ですが、その優先順位はどうでしょうか?たぶん、法適合、つまり、各種の基準を守る事が第一優先で次に安全性、耐久性ではないでしょう。施工性、経済性(コスト)についてはどうでしょうか?「施工出来る方法を考えるのが施工者の仕事」、「コストを考えるのは積算の仕事、我々は基準に従い、最小限の構造設計をするだけだ。」と考えている人が多いのではないでしょうか。

 安全性(耐震性能)、耐久性、法適合(各種設計基準)については構造設計者なら、誰でも自分の設計を説明できるでしょう。施工性については多くの経験を積んだベテランの構造設計者であれば、「今まで、この方法で施工出来ている。」との実績から、判断、説明が出来ます。

 では、経済性(コスト)についてはどうでしょう。
puffer (1).jpeg

 意匠設計者やクライアント(施主)から、建物形状(=構造計画)の相談を受け、どちらが構造躯体数量(コスト)が多いかは判断が付くでしょう。
しかし、高い、安いだけでは意味がありません。意匠設計者、クライアント(施主)は、「この形状をやりたい。だが、コストも気になる。」と考えます。高いと言うのは、1万円なのか、100万円なのか。その金額に応じて、判断するのです。
 
 だって、そうですよね。私達が何か、物を買うときでも、店員さんにその違いを聞いて、金額を見て、購入するかどうか判断する訳です。「性能、デザインの差はこの通りです。金額は教えられません」で買いますか?

 建築の設計で言えば、「では、どれだけ、コストが違うかの比較を行うために2パターンの設計をします。それで積算してみましょう。期間は1か月掛かります。」でも良いのですが、概算でも即座に答えてくれる設計者の方が信頼されるでしょう。
 
 私達は芸術家ではなく、構造設計を仕事、ビジネスとしているのです。金額、コストは最も重要な要素です。自分が設計するもの、提案するものに対し、金額(コスト)を説明できるべきではないでしょうか。

 でないと、「気に入ったら、対価(設計料)を下さい。気に入らなければ対価(設計料)は不要です。」と言う芸術家になるか、ただ、労務を提供するだけの仕事になります。

 
 私達は構造設計をビジネスとして、考えるのであれば、経済性について、もっと考えるべきです。明らかな不経済設計を指摘され、「安全側なので問題ありません。」
などと答える人はビジネスをするものとして、論外です。経済設計を売りにする構造設計者、構造設計事務所であれば、構造躯体に関する価格は把握していましょう。


P投げ銭!
posted by 建築構造設計べんりねっと at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済設計手法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186763956

この記事へのトラックバック