2019年10月18日

構造の経済設計の基本「構造躯体の価格を知る」

 以前、「構造設計の裏技」なるページを書いていましたが、構造の経済設計手法について、研究、紹介しようと思います。

経済設計に長けた構造設計者になるには、まず、構造躯体に関わる単価を把握し、また、それが建物全体に対して、どのくらい影響するのかを知る事です。

・代表的な構造材料の単価
・代表的な躯体工事の単価
・各構造材料の歩掛
・建物全体の概算坪単価

建築資材、労務の単価は建設ナビと言うサイトで調べる事が出来ます。

構造材料、工事費の単価については、合わせた単価(材工)で考えます。
数ヶ月に一度、単価を確認する程度で良いです。積算をしてる訳ではないので概算で十分。


・コンクリート
   : 14,920円/m3(材料 14,000 + 打設手間920)
・鉄筋: 12,100円/t(材料70,000 + 加工組立51,000)
・型枠: 4,900円/m2
・鉄骨;175,200円/t(材料85,000 + 加工80,000 + 建方10,200)

※2019年9月10日現在 対象地区:東京

このくらい判れば、各部の金額は電卓で簡単に出せます。

尚、建設ナビ他の市場単価動向の価格は基準としている材料の価格です。コンクリートはFc18、鉄筋はSD295AのD16、鉄骨はSS400のH-200×100です。「今、鉄筋はいくら?」との会話はこの材料を基にしています。

次に各材料強度の違いによる単価を把握します。
コンクリート強度を上げるべきか、断面を上げるべきか。鉄筋はSD345とSD390のどちらにするか。断面算定をする上で私達が考えるところです。

以下のリンクに覚えておきたい価格の一覧をまとめました。

【主要構造材料、工事費単価 主要構造材料、工事費単価 】




さて、各部の価格は簡単に計算出来ますが、例えば、コンクリート強度を変えた場合の価格差などはその階全体に影響するため、数量を算出するのが困難です。

そんな時は歩掛を使います。
そもそも、私達は積算業者ではなく、構造設計者です。そんな時間は無駄です。概算でいいんです。

【主要構造数量の歩掛】
歩掛.png

さて、各部の価格は簡単に計算出来ますが、総工費5億円(原価)の建物で「5万円安くなります。」では嬉しくありません。0.01%です。その価格がどの程度の影響になるのかを理解する必要があります。
建物全体の総工費の平均の坪単価は以下になります。

坪単価.png
※1坪=約3.3u

 そして、大事なのはコスト感覚です。総工費5億円(原価)の建物で500万円安くなりました。比率として、1%です。構造計算では、1%は誤差程度ですが、建物の価格としては大きな差があります。売れる金額は決まっていると考えるとその分は利益になります。また、販売価格(経費10%、粗利率20%)としては700万円弱になります。借入をする事を考えると1000万円以上の差が出る事になります。この1%の影響は大きいのです。
 この建物規模で構造設計料は通常200万円程度です。300万円払っても、500万円下げてくれるなら、誰だって、その構造設計事務所に依頼したいですよね。

≪まとめ≫
●経済設計の基本は構造躯体の単価を知ること。
●そして、コスト感覚を持つこと。



≪参考サイト≫
建設ナビ
https://www.kensetu-navi.com/

鉄鋼新聞
https://www.japanmetaldaily.com/

マンションの建築費は坪単価でどの程度の水準か?【2019年版】
https://archi-book.com/news/detail/236

S造・鉄骨工事の単価を専門業者が教えます!ゼネコンの積算部は必見
https://kimagureneko0411.com/tekkotukouji-tanka/

大阪建設業協会
https://www.o-wave.or.jp/public/profile/publish/o-wave.html

建築コスト管理システム研究所
https://www.ribc.or.jp/research/pdf/annual/h20/jisyu/jisyu04.pdf

P投げ銭!
posted by 建築構造設計べんりねっと at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済設計手法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186675504

この記事へのトラックバック