2019年09月24日

働き方改革。これでいいのか?、構造設計業界!

2018年4月に働き方改革関連法案が可決、成立しました。その後、私達、構造設計者の働き方も変わりましたが、良い方向に向かっているのでしょうか?
puffer.jpeg
●残業時間の上限規制
●有給休暇の消化義務化
●多様な働き方の実現


確かに子育てや介護などで長時間働く事が出来ない事情がある方も活躍出来る状況は良いことです。

他方、働き方改革の実態は以下のようではないでしょうか。

・労働時間は減りました。(会社、社会が長時間労働を認めない。)
・仕事の量は変わりません。
・仕事の納期も変わりません。






今までよりも短い時間で同じ仕事をこなさないとならない状況です。その結果、どうなったかと言うと、一人一人の能力は急には変わりませんので、何かを削ることになります。

構造設計業務で言ったら、検討項目やチェックの時間を削るしかありません。品質は確実に落ちます。百歩譲って、品質は許せても、安全性を落とす事は許されませんが大丈夫でしょうか?

また、若手技術者の育成、成長の面でもデメリットがあります。
今までは、出来るまで、分かるまで、その設計に取り組む事が出来たのが今は、本人が望もうとも、その時間を与える事は出来ません。
短い時間で仕事を処理出来るベテランにばかり、仕事を廻すしかなくなり、労働時間の削減と共に若手技術者の成長に機会も削減されています。ベテランが多忙になり、若手技術者を育成する時間も削減されています。

労働時間の削減で出来た時間で事故研鑽に励む事も出来るのでしょうが、業務時間外に会社に居る事も許されません。やはり、構造設計プログラムや各種文献のある会社でないと出来ない事も多くあります。

構造設計の若手技術者の方、これでいいのですか?

労働時間短縮を厳しく言われるのは、大きな会社であり、設計事務所では、まだ、変わっていないでしょう。

今後、ゼネコンやハウスメーカーなど大きな会社の構造設計技術者は、設計事務所の技術者と大きな技術力の差がつくのでしょう。

労働環境が大きく違うと思うと、設計事務所を希望する若手技術者も減っていく可能性もあります。

今後の日本の構造設計業界が心配です。

posted by 建築構造設計べんりねっと at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186600391

この記事へのトラックバック