2019年04月30日

2019年05月18日(土)、シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」建築構造設計べんりねっと管理人も参加します!

2019年05月18日(土)に法政大学市ヶ谷田町校舎にて、日本構造家倶楽部、建築学科主催の講演会「日本の近代建築を支えた構造家たち」が開催されます。

https://www.onvisiting.com/2019/04/17/tokyo-20190518-2/

japanese-structure.jpg

『建築構造設計べんりねっと』管理人の私も参加します。
現代の構造設計者が著名な日本の構造家の思想を紐解く貴重な機会となります。

仕事に追われるだけでなく、たまには、このような講習会にも参加するのも大切です。





【シンボジウム詳細】
日時:2019年5月18日[土]13:30〜18:30(開場13:00)

場所:法政大学市ヶ谷田町校舎5階マルチメディアホール

入場無料

主催:日本構造家倶楽部、法政大学デザイン工学部建築学科
共催:文化庁国立近現代建築資料館

【プログラム】
13:30〜13:50|オープニング
挨拶:桐原武志(国立近現代建築資料館)
趣旨説明:竹内徹(日本構造家倶楽部)

13:50〜16:00|11人の構造家と構造資料

16:15〜17:00|基調講演
構造がどう建築を変えてきたか
難波和彦(近現代建築資料館運営委員)

17:10〜18:00|ディスカッション
モデレータ:難波和彦
パネラー:新谷眞人、金箱温春、佐々木睦朗、中田捷夫、浜田英明

18:00〜18:10|クロージング
挨拶:中田捷夫
posted by 建築構造設計べんりねっと at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185932432

この記事へのトラックバック