2019年02月25日

今、AIによる設計で出来ているこ構造と。実際に何が出来た?

今更ながら、AIで本当に構造設計が出来るかを考えてみた。
puffer (2).jpeg
AIは自動運転を始め、次世代技術、最先端技術として、様々な業界で期待されている。もちろん、我々、建設業界も研究が進められています。

・竹中工務店がAIによる構造設計の取り組みを開始した。
・AIを利用した施工管理、品質管理にについて、大手ゼネコン各社が発表している。

そもそも、AIとは、なんだろう?人工知能、深層学習(デープラーニング)。一般的な知識としては知っていますが、仕組みは全く分かりません。

では、AIで実際に何が出来ただろう?AIを経験した事がありますか?




と言われると、私はAIに何かをしてもらったと言う経験が全くありません。

こう考えるとAIは、オバケ、都市伝説のようです。

先日、あるIT技術者も話す機会がありましたが、構造設計はAI化が比較的に楽な分野だとの事です。

であれば、実際にAIが構造設計する所を見せて欲しい。単純やなスラブ、小梁でいいです。

AI技術者の方、簡単な部分で良いので自動設計する所を見せて下さい。

そうしたら、少しは期待します。

最先端技術であるAIに取り組むだけでニュースになります。ですが、今のところ、竹中工務店だけです。他のスーパーゼネコンは?構造計算プログラムメーカーがAI化の開発をするとのニュースも聞いた事がありません。

つまり、本当の専門家はAIによる構造設計は出来ないと思ってるのではないでしょうか?だから、本気で取り組まない。
タグ:ai
posted by 建築構造設計べんりねっと at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185619828

この記事へのトラックバック