2018年10月17日

構造設計一級建築士の人数、評価は適正か?

昨年度、構造設計一級建築士もようやく1万人を超えた。(現在、10028人)この人数は適正なのか考えてみた。また、資格に対する評価は適正なのか。
08EFF5A7-221B-4227-8EB8-86D22B6D7935.jpeg
まず、他の資格と比較してみた。
弁護士は日弁連の資料によると2017年現在、4万人弱(38980人)。構造一級の約4倍です。ちなみに10年前は約25000人。10年で1.6倍になっています。これは司法試験改革により、人数を増やしたためです。現在は弁護士が余っている状況になっています。
尚、民事訴訟の件数は2015年では約140,000件。年間一人に付き3.5件。

医師の数は厚生労働省資料によると現在、約32万人。構造一級の32倍も居ます。しかし、医師不足は社会問題でもあり、構造一級の32倍でも不足しています。

続いて、公認会計士。こちらは現在、約3万6千人。日本の上場企業数は約3600社。10人で1社対応の計算になります。




構造設計一級建築士はどうか?平成29年の適判申請数は16000件です。

ん、年間一人1.6件?

そんな少なく無いですですよね。1件の設計期間を一ヶ月半とすると年間8件。すると2000人居れば足りる計算。意外と稀少な資格ではないんですね。

と言うか、構造設計と言う仕事が隙間産業なのか?
posted by 建築構造設計べんりねっと at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184700576

この記事へのトラックバック