2018年08月21日

新耐震前は木造建物には筋交いがなかった?!

自宅をリフォームするためにリフォームのショールームを見に行ってきました。

今回は子供部屋のリフォームですが、職業柄、耐震補強のコーナーも見てきた。

そこには各年代ごとの耐震壁模型があります。
【平成12年以降】
IMG_20180819_145842.jpg
平成12年の建築基準法改正では金物の強化が行われました。確かにそうだ。筋交い金物、ホールダウン金物が追加されてる。

【昭和56年以降】
IMG_20180819_145836.jpg
新耐震の年ですね。平成12年以降の模型と比べると金物が少ない仕様になっています。





【昭和56年以前】
IMG_20180819_145847.jpg
新耐震前。

ん?筋交いもない。
新耐震前は何で地震力に抵抗してたの?


木造の耐震要素は昔からあります。


自分的には、このリフォーム会社はNG。。。
今回は耐震補強をする予定じゃないけど、この程度の会社かと思ってしまいます。
posted by 建築構造設計べんりねっと at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184234212

この記事へのトラックバック