2018年04月09日

今こそ、四号特例を廃止!日弁連も問題視

一級建築士の懲戒処分が出されています。
http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000721.html

木造の壁量不足、仕口部の仕様違反が殆どです。きっと、構造審査のない四号建物なのだと思います。

建築士の処分の対象となるのは、構造だけではないと思いますが、木造の構造ばかり。。。

それでも、四号特例を続けるのですかね?
氷山の一角では?
puffer.jpeg
処分で名前が出ている建築士は複数件の違反があった人だけ。
一回なら、処分なし?その建物は?その建物に住んでる人は?

四号建物向けの工法は上部構造に係わらず、基礎工法、地盤補強もたくさんあります。ある意味、先進的です。
建築確認での審査が不要なので、大臣認定、評定、技術審査証明等の取得も不要。自由に出来ます。

ご丁寧に「四号建物以外は使用出来ません。」などとホームページに書いてある工法もあります。
四号建築物は建築基準法の準拠が免除されている訳ではありません。
これは、建築基準法に違反していますと自ら、宣言しているようなもの。

「建築構造設計べんりねっと」でも、四号特例廃止を訴えて、アンケートを実施したりもしましたが、力不足により、改善にはならず。。。

http://arc-structure.sakura.ne.jp/enquete7.htm

ここで強い味方が!
日弁連が4号特例見直しを国に直談判をしています。

「日経 xTECH」記事
http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00091/00013/


「日弁連ホームページ」より
https://www.nichibenren.or.jp/activity/document/opinion/year/2018/180315_6.html

意見書全文を読んでも、妥当な内容です。

国土交通大臣様、国土交通省の官僚様、まだ、四号特例を続けるのですか?

森友問題、日報問題よりも重大な事です。





posted by 建築構造設計べんりねっと at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182938505

この記事へのトラックバック