2018年03月31日

石山祐二先生について、調べてみました。

「耐震規定と構造動力学」と言う書籍が出版されました。


著者:石山祐二

この本のシリーズでは過去に「耐震規定と構造動力学 建築構造を知るための基礎知識」(2008年)、「建築基準法の耐震・構造規定と構造力学」(2015年)が出版されています。
私は読んだ事がないのですが、『建築構造設計べんりねっと』の建築構造書籍販売では、今までにたくさん売れていますので、少し、気になっていました。

新刊が出ましたので著者について、調べてみました。

石山祐二先生は略歴は以下の通り。

1967年 北海道大学修士卒業
建設省営繕局、建設省建築研究所を経て
1991年 北海道大学工学部・教授に就任
2005年 北海道大学定年退職

そして、現在は株式会社NewsT研究所(2006年設立)の代表取締役を務めています。
NewsT研究所では主に免震・制振システムの研究開発及びその技術提供を行っています。
http://www.newst.biz/index.html

SEINのホームページでの執筆もありますので、是非、ご一読を
「解析手法の高度化を踏まえた耐震設計法の将来展望」
https://www.sein21.jp/NewSeinWeb/TechnicalContents/Ishiyama/Ishiyama0101.aspx

私も石山先生の著書を読んでみようと思います。

その他、建築構造設計べんりねっとの書籍販売では、売れてる書籍が分かるように☆マークを付けていますので、ご参考に!





posted by 建築構造設計べんりねっと at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182851545

この記事へのトラックバック