2018年03月12日

アークデータ研究所、WRC 8階建て対応の一貫構造計算プログラムをリリース!

アークデータ研究所が新しい構造計算プログラムをリリースしました。
名前は、『WRC8』

mainVisual.jpg

その名前の通り、8階建までの壁式鉄筋コンクリート造を対応出来る一貫構造計算プログラムです。
http://www.archdata.co.jp/aspace/campaign/campaign_wrc8.html

壁式鉄筋コンクリート造は基本、5階建てまでですが、限界耐力計算をする事により、8階までを対応します。

業界初!確かに凄い発想ですね。

ただいま、発売を記念して10%OFFキャンペーンを実施中!(5月11日まで)

8階建の壁式鉄筋コンクリート造がどのくらい需要があるかですが、今までは、そのような発想が無かったため、実績は皆無と思います。私は一度だけ、アトリエ系の某構造家の構造設計で見た事があります。

このプログラムは、今まで遣らなかった構造形式を提案すると言う意味でも画期的ですね。

このプログラムを使って、今まで出来ないと思われていた5階建てを越える壁式鉄筋コンクリート造を提案出来たら、技術力をアピール出来るのでは。




posted by 建築構造設計べんりねっと at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182655353

この記事へのトラックバック