2017年03月20日

意匠設計者に知ってほしい構造設計の基本

構造設計で一番大事なのは何でしょうか?安全であること?それは当たり前。良い構造計算ができる事?ユーザーは喜ぶでしょうか?構造が良いだけでは良い建物ではありません。デザイン、使い勝手、そして、安全性のすべてが高い水準であること。

そこで一番大事なのは構造計画!

構造計画とは何でしょうか?構造種別の選定、架構計画。。。でも、実際の殆どは意匠屋さんがやっている事です。通常は構造設計者はアドバイス、アレンジをするのみ。
間取りを考える事も構造計画です。柱位置、階高の設定、小梁の位置。。。

優秀な構造設計者でもレベルの低いプランの建物では良い建物とすることはできません。

だから、意匠屋さんにも最低限、このくらいは理解しておいてほしい。

意匠設計者でもスラスラわかる建築2次部材の構造計算


著  者:山本満、四井茂一
出版社 :彰国社
価  格:2,160円(税込)




posted by 建築構造設計べんりねっと at 21:20| Comment(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: