2016年10月09日

構造事務所設立計画D〜各種手続きを行う

さて、業務に必要な物は全て揃ったが、忘れてならないのは業務を行う上での各種手続き関係。構造設計事務所を個人で開業にするには以下が必要です。

@開業届け
新たに事業を開始する時には開業届けが必要です。届出を行う場所は所轄の税務所になります。
手数料は不要です。

A転入届け
事務所に郵便物を確実に届けてもらうには郵便局に転入届けを出す必要があります。
こちらも手数料は不要です。

B建築士事務所登録
ご存知の通り、業として設計を行うには建築士事務所の登録が必要です。
一級建築士事務所登録手数料は、18,500円になります。
http://www.taaf.or.jp/regist/01.html

これで構造設計事務所設立完了です。

費用は〆て、以下の通りです。
一覧.png

初期費用としては、200万円程度、月額経費10万円、年間経費10万程度となります。

すぐに業務を開始したとしても、設計料が支払いされるのは3ヶ月後とかになると思います。
これを考えると構造設計事務所を開設するには個人的な貯えは別として、400万円程度は用意しておく必要があると思います。

まあ、構造設計事務所開設の準備で最も必要なのは、確かな構造設計技術と仕事を依頼してくれる良いクライアントを見つけておくことですね!









posted by 建築構造設計べんりねっと at 07:00| Comment(0) | レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: