2020年03月20日

RC柱頭配筋の不思議C〜正しい配筋の考え方はコレ。

 RC造の最上階柱の柱頭配筋について、考えてきたが、正しい配筋の考え方、私なりに考えた望ましい納まりをまとめる。




柱頭部における柱主筋末端のフックについて
・梁や壁が取り付く部分は出隅にはならず、フック不要。
・拘束帯筋を設けることにより、柱四隅の主筋末端のフック不要。
・「配筋指針」解説図のカゴ筋納まりの場合はカゴ筋末端はフック不要。


(解説)
1.施行令第73条の「鉄筋の末端は、かぎ状に折り曲げて」は令36条2項一号により、保有耐力計算(ルート3)を行うと除外される。また、日本建築学会「配筋指針」は建築基準法上の「特別な調査又は研究」にあたり、同じように除外される。
2.柱出隅部の鉄筋末端にフックを付ける理由は柱の角のコンクリートが割れた場合、鉄筋の付着力が低下するのを防止するためである。しかし、このような事を言い出したら、きりがなく、この目的でのフックは不要と考える。
3.「配筋指針」では各種指針の四隅フックは、通例として、行われているものと書かれており、工学的根拠は多くない。
柱頭部の柱主筋の定着長
・柱主筋は梁に直線L2又はフック付きL2hの定着長が必要である。
・カゴ筋納まりの場合もL2hの定着長を確保する。
・定着長は仕様規定(**d)ではなく、計算により、確認する事で短くする事が出来る

(解説)
1.どの納まりでも柱主筋が抜け出ないようにする仕様とする必要がある。付けアンカーのような事をする場合も同様である。
2.配筋指針などの定着長L2は施工管理が煩雑にならないようにまとめられ、又は丸められている。柱頭部においては定着長を計算で決定する事をすすめる。鉄筋とコンクリートの種類のみで決定するものなので、この部分のみであれば、それほど煩雑にはならない。
柱頭の無筋状態部分の改善
・カゴ筋納まり又は柱内拘束筋の設置を推奨する。
(解説)
柱主筋四隅フックで無筋状態の部分が発生することは、やはり、問題である。各種標準図でこれが改善されていないことも通例なのだろうか。特にセットバックをしており、下層階でこのようになる部分については要注意である。
推奨する柱頭の納まり



以上から考えると日本建築学会「配筋指針」備考図9.9 右側の納まりの最善と考えます。

柱頭配筋.png
posted by 建築構造設計べんりねっと at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 構造設計メモ