2020年03月06日

日本に構造設計者は今、何人いますか?構造設計者は足りているの?

 日本の構造設計者の数を調べてみた。
 構造設計一級建築士制度が始まり、10年が経った。構造設計者は増えているのだろうか?減ってきているのだろうか?

photo_2.jpg




平成22年調査では16,511人
 平成22年に建築構造設計べんりねっとで調査した際、日本の構造設計者の人数は16,511人と推定しました。
 内訳は以下の通り。

・平成20年(初年度) 構造設計一級建築士受験者数:12,044人
・一級建築士のうち、構造設計一級建築士受験資格(実務経験年数)に満たない構造設計者:1,128人
※平成18〜21年、一級建築士合格者16,592人における構造設計者の割合6.8%(平成22年実績)から算出
・資格未取得の構造設計者:3,339人
※平成22年、一級建築士受験者数38,476人と製図試験からの受験者数4,891人のうち、構造設計者の割合7.7%(平成22年実績)から算出。

 一説によると20,000人とも言われているが、資格取得にも取り組まない人は構造設計者とは言えない。

現在の構造設計者数は?
 では構造設計一級建築士制度が開始され、10年が経った今はどうなっているだろうか?

・構造設計一級建築士の累計:10,582人
・令和元年度 構造設計一級建築士不合格者:554人
・一級建築士のうち、構造設計一級建築士受験資格(実務経験年数)に満たない構造設計者:1,244人
※平成27〜30年、一級建築士合格者14,639人における構造設計者の割合8.5%(令和元年度実績)から算出
・資格未取得の構造設計者:2,512人
※令和元年、一級建築士受験者数25,132人と製図試験からの受験者数4,422人のうち、構造設計者の割合8.5%(令和元年実績)から算出。

合計では14,892人となる。
構造設計者は減ってきているのか?構造設計者を志す人の数は?
 平成22年の約16,500人に対し、令和元年は約15,000人弱と約1,500人少なくなっている。構造設計者は減ってきているのか?もう少しデータを分析してみる。

 令和元年における構造設計一級建築士累計は10,582人。
 初回である平成20年の受験者数の12,044人に未だ届いていない。初回の受験者には構造設計を業務としていない自称構造設計者も多く含まれていたのだろう。

 では減っているのか、増えているのかを考えてみる。

 構造設計業界も他の業種と同じく就労人口が減少傾向なのは避けられない。平成22年では一級建築士の受験者数が40,000人程度だったものが令和元年は25,000人程度と減少している。40%近くの減少です。
 一級建築士受験者のうち、構造設計者の比率としては6.8%から8.5%と増加しているが、総数としては2,720人から2,125人と約22%減少している。

構造設計を断念する人の数
 過去5年間の一級建築士データによると合格者のうち、構造設計者は平均310人です。
※過去5年間の一級建築士合格者数18,210人、構造設計者の割合8.5%より

 つまり、毎年、310人の構造設計一級建築士の受験資格を取得する人が増えている。構造設計一級建築士の過去5年間のデータでは受験者は平均814人、合格者は平均241人です。この数も概ね一定である。

 つまり、毎年、70人が一級建築士は取得したが構造設計と言う仕事を諦めていると言うことだ。約23%は断念した事になる。




 一級建築士を取得できず、断念する人も居るがそこは構造設計どころか、建築に適性がないと言うことだ。

構造設計者の数は減少している
 以上の結果からすると10年で新たに構造設計者となる人の数は468人、約3%減少している。また、残念ながら、引退される人も大きくいるでしょう。とすると10年で5%は減少していると思われます。

構造設計者は足りているのか?これから、どうすべきか?
 構造設計者は他の業種と同じように減少傾向です。では建築着工数はどうかと言うとその年の景気に左右されるものの、減少傾向とは言えません。

 とすると将来、構造設計者は安泰というとそうではありません。

 他の業界と同じようにAIやITによる効率化が求められ、その対応が出来ない構造設計者は取り残されていくのです。

posted by 建築構造設計べんりねっと at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート