2020年03月02日

構造設計一級建築士定期講習もコロナウイルスの影響で中止。申込み済みの講習はどうなる?

 令和2年2月27日、国交省が新型コロナウイルス感染症対策のため、4月末まで建築士定期講習の実施を控えること等を実施機関に要請しました。

国交省 令和2年2月27日報道発表

 構造設計一級建築士の定期講習も中止となっています。
 尚、今回は期間内に受講出来なかった方に対しては、柔軟な対応?が検討されているようです。
確認サービス社の対応
・3月3日〜4月30日までのすべての講習を中止。
・該当期間に受講申込済みの人は5月以降の日程に変更可能。

 まあ、確認サービス社はコロナウイルスでなくても、日程変更は元々、可能です。
建築技術教育普及センターの対応
・3月、4月の定期講習は中止
・今後の手続きについては、4月頃に郵送にて連絡が届く。

 こちらも申込み済みでも変更は可能と思われます。しかし、遠方でホテルを予約していた人はキャンセル料が発生したかも。

定期講習は早めに受けるに限る!
 今回のコロナウイルスの件は誰も想像出来なかったことではありますが、やっぱり、早めに早めの対応を行うに限る。
 私も以前、3月に受けようと思ったら、会社の近くである確認サービス社新宿支社がいっぱいで北千住まで行くはめになった事があります。

 特に来年度は初回修了者の定期講習年度であり、早めの申込みをした方が良いです。仕事が忙しいのは、いつも変わらない。年度末になると余計に忙しくなります。
早めの申込みをどうぞ!
2020kakunin.jpg.jpg

【関連記事】
構造設計一級建築士の定期講習情報
posted by 建築構造設計べんりねっと at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース