2020年02月12日

オーノJAPAN 大野博史氏の書籍「構造設計プロセス図集」2/17発売

 2月17日にアトリエ構造設計事務所 オーノJAPAN大野博史氏が執筆した書籍「構造設計プロセス図集」が発売されます。

 これは面白そう。私も買います。
book.jpg
著 者:大野 博史
出版社:オーム社
発売日:2020年02月17日
価 格:3,500円 (税込:3,850円)

Amazon Rakuten 7net

【本の内容】(出版社サイトより)
意匠(建築家)と構造(構造家)のせめぎ合いにこそ、建築の面白さが詰まっている!

 構造は、建築を成立されるために欠かせない重要な要素です。いくら創造的なデザインであっても、重力や地震に抗えなければ建築は建ちません。そんな創造と現実の間に立ち、架け橋となるのが「構造プロセス」です。
 本書では、建築家との協働の多い構造家・大野博史(オーノJAPAN)が、これまで手掛けた建築を通して、「設計の過程に建築家とどんなやり取りがあり、構造の可能性をどのように探求していったか」に焦点を当て、計画段階から実現案へと定着させていくまでの「プロセス」を詳細に解き明かしています。
 スケッチや写真はもちろん、架構詳細図やディテールなども多数収録。構造設計者だけでなく、意匠や設備等設計者や構造の興味のある若い人たちに手に取ってほしい本です。

このような方におすすめ!
〇構造設計者をめざす若い方
〇構造に興味のある方
〇設計者

(主要目次)1 部材配置、2 開口、3 斜材、4 形、5 異素材、6 非建築


 構造設計で一番重要なのは構造計画。構造システムを考えること。そのプロセスに触れる事ができる。
昨年、開催された構造展でも様々な構造家の構造設計プロセスのスケッチ等がありました。構造設計者には非常に興味深いものです。






オーノJAPAN 大野博史氏とは
 1974年、大分県生まれ。2000年、建築構造の名門である日本大学大学院理工学研究科建築学専攻博士前期課程修了。その後、池田昌弘建築研究所を経て、2005年に建築設計事務所「オーノJAPAN」を設立しています。

【代表作品】2011年構造デザイン賞 Ring Around a Tree (ふじようちえん増築)
book.jpg





大野博史氏のインタビュー動画
posted by 建築構造設計べんりねっと at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース