2020年01月31日

働き方改革は構造設計者にとって、チャンスか?それとも、将来のための準備期間か?

 様々な意見はあるだろうが、今となっては、ゆとり教育は失敗だったとの評価が一般的だと思う。

 何年かしたら、働き方改革は失敗だったとなる事も考えられる。今、社会、会社で「働き方改革は不要だ。」などと言うと馬鹿者扱い、犯罪者扱いだ。




 建築構造設計べんりねっとの掲示板に取り上げられていたが、『生産量=労働時間×生産性』となり、長時間労働により、労働時間を増やすと生産性が下がり、却って、生産量が下がる事があるとのこと。

 確かに労働時間を減らして、成功した企業もあるだろう。しかし、それも様々な要因があるのではないでしょうか。このようなケースはないだろうか?

●仕事がないのに生活残業が横行していた。残業制限をしたが、仕事量は変わっていないので、労働時間が減り、生産量は変わらないとの結果になった。
経営的には、成功でしょう。
意図的な生活残業でなくとも、仕事量が少なければ、人はゆっくりと仕事をするもの。

●生産性の問題ではなく、売上が減っている。コストを削減するために残業制限を行い、利益が増えるとの結果になった。品質には疑問が残るが...
これも経営的には成功である。コスト削減の効果は多いものである。

 さて、多くの企業は働き方改革=労働時間削減で成功しているのだろうか?

 生産性を改善する施策なしに労働時間を削減したら、生産量は減るだけである。多くの企業は、こちら側ではないでしょうか。もしくは品質が下がっている。

構造設計業界はどうか?

労働時間は減っても仕事量、納期は変わらない。では、何を減らすか?
構造設計業務の中にも業務量が絶対的に決まっている作業の部分もある。この部分は減らない。だとすると、削減されるのは、考える時間とチェックする時間だろう。

利益を上げることは仕事として、最も重要な事であるが、我々、構造設計者にとっては、業務を通して、技術力を上げることも重要な義務である。

働き方改革により、労働時間が減ると技術力の向上はどうなるだろうか。

労働時間が減る事で自宅などで勉強できる時間は増える。しかし、それが技術力を上げる事に効果的だろうか。
実務で様々な問題に遭遇し、それを解決するために調べる、考える、検討するで技術力は向上するのではないか。

働き方改革で構造設計の経験量は確実に減ると思う。

あと何年かして、働き方改革が終了した時、どうなっているかは、それぞれの人次第。
逆に考えれば、今の時代はチャンスかもしれない。

まあ、構造設計AIなどが出来れば、技術力も不要だ。構造設計をする必要もなくなる。

働き方改革で確実に増えたのは、暇な時間。構造AIが出来て、仕事をしなくなくて、良くなり、暇になる時のための準備期間か、働き方改革は。



posted by 建築構造設計べんりねっと at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2020年01月26日

構造設計者の皆さん、副業してますか?

sh_sub_02.jpg
【働き方改革】労働時間の制限、副業の推奨?
働き方改革が提唱され、残業時間の制限、有給休暇の取得義務化など労働時間の削減が行われています。
過労死などを防止するために長時間労働を制限するのは分かる。

一方、副業も推奨されている。なぜ?

長時間労働が問題だと言ってるのに副業しろ???

この働き方改革で労働者も残業代が減り、困っている。企業も人手不足の労働力が減り、業績にも影響が出ている。様々な働き方を推進するのは分かるが、残業代が減った分は副業しろと言うのか?




働き方改革、この流れは止められない。
おかしいとは思っていても、この流れは止められない。企業でも副業を解禁する所も出ていた。様々な知識を修得する?、人脈を広げる?などのメリットを挙げているが、そんな事が期待できるだろうか?

 本当の所は政府に言われているので仕方なくと言う会社が殆どだろう。

構造設計者はどう動く?!
 さて、副業をしろと言われても何をすれば良いか?構造設計者に何が出来る?何もしないでいたら、給料が減り、暇が増えるだけになる。ここで動かないと負け組になってしまう。

構造設計者に出来る副業
@本業の時間外で構造設計をする
 一番手っ取り早いのは、本職である構造設計を行うことです。何処から受注するかですが、クラウドワークスと言うサービスに構造設計の仕事もちらほらあります。
 構造計算を行うにはプログラムが必要ですが、フリーソフトで対応もできる。

≪参考≫どこまで出来るか?フリーソフトで構造設計

 しかし、はっきり言って、設計料は安い。普通に設計事務所が受注する場合の何分の一かです。まあ、経費が少なくて済む事を考えれば出来ないこともない。

でも、どうなんだろう?
これって、構造設計業界の単価を下げることになり、自らの首をしめることになるのではないでしょうか。

構造設計に拘らなければ、確かに色々な仕事がある。
以下に副業の事例が載っているが特別なスキルが必要な仕事です。
https://www.jnews.com/smallBiz/smallBiz.html

構造設計者でも出来そうなものを考えてみる。

A完全歩合制、フルコミッションワーカーの不動産営業
建築の知識であれば、専門営業マンにも負けません。少しの不動産知識を付ければ出来そうです。

B一級建築士取得講座の講師
構造の科目に限定すれば我々にも出来ます。実際に意匠事務所の人で日建学院などで講師をしてる人は居ますよね。

Cプログラミング
私達は仕事で様々なプログラムを使っています。また、Excelで自作構造計算シートを作ることも多く、他の業種の人よりもITスキルは高いものがあります。少し勉強すればプログラミングも出来そうです。

≪参考≫超実践型プログラミングスクール【.pro】

Dデータサイエンティスト
構造設計者であれば数学は得意。そのスキルを生かせる仕事がないかと探してみたら、データサイエンティストと言う仕事がありました。様々な判断のためにデータ分析を行う仕事です。
ネットで探してもたくさん仕事があります。

E建築以外の分野の構造解析
機械などの業界でも構造解析は必要です。構造解析なら、我々はお手の物です。FEM解析のモデルを作る仕事なら、私達のスキルアップに繋がります。





どうやって仕事を探す?
一番簡単なのは、クラウドワークスのようなサービスで受注することです。
そして、実績を作り、直接受注をする流れを作る。どうするかと言うとFacebookなどのSNSを利用するのです。以外と繋がりが作れるものです。

どちらにしてもアルバイト的な副業は避けた方が良いですね。

でも、クラウドワークスを覗くと結構、構造屋さんも居る。
posted by 建築構造設計べんりねっと at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート

2020年01月22日

構造設計者採用(中途)、面接でチェックするポイント!

慢性的な人手不足、高齢化が進む構造設計業界。優秀で即戦力となる人材が欲しいのは、会社の大小問わず、望んでいることです。構造設計事務所から、大手ゼネコンまで。

私の会社でも会社のホームページ、各種求人媒体(有料)、人材紹介(有料)、その他で常に構造設計者は募集しており、中途社員の採用面接も随時、行っています。

●構造設計の実務経験3年以上
●一級建築士必須
●構造設計一級建築士、尚可





しかし、中には「本当に構造設計やってたの?」と言う人も居る。

入社して、構造設計をさせてみたら、簡単な部材設計も出来ない。
実務経歴に中高層のRC物件もたくさんあったが。。。

えっ、設計の補助だけで自分一人で構造設計したことはない?

なんて事にならないように私なりの採用、面接時のチェックポイントをお伝えします。
images.jpeg
まずは履歴書、実務経歴書のチェックです。
@業務経歴を確認する。
耐震診断しかやったことがないのは、△
ハウスメーカーで定型建物の構造設計のみは、×

耐震診断も大切な仕事ですが、それしか遣った事がないとの構造技術者は、新築建物の対応が出来ないと言う人も居ます。
また、ハウスメーカーの構造設計部署に居たが、定型の企画建物の構造設計を専用の計算プログラムに入力していただけとの人も居る。

A構造設計業務のブランクを確認する。
3年以上のブランクがある人は△

地方に居て、構造設計職がなかったとなら、別ですが都市圏で3年以上のブランクがあると言うことは、構造設計に対しての情熱がないと言うことです。

このような理由なので、結婚・出産・子育てなどでブランクがある女性は別です。


B資格を確認する。
40歳以上で構造設計一級建築士がない人は×

一級建築士は建築業界で転職するなら、必要最低限の資格であり、資格学校に通えば、誰でも合格出来ます。

構造設計一級建築士も構造設計に携わっていれば、難しい資格ではありません。40歳を過ぎても、資格取得が出来ていないと厳しいです。

C前職を確認する。
構造設計事務所の経歴が一社で一年以内に退職している。×

大手ゼネコンや大手ハウスメーカーであれば、優秀な人材でなくても雇う体力があります。様々な部署もあります。
しかし、構造設計事務所だと「構造設計が出来ない」では、そこには居られません。 また、容赦なく退職勧告(らしきもの)もあります。

数社の構造設計事務所を渡っての一年で退職なら、まだ、良いのですが、初めての一社で一年以内に退職と言うのは適性がなかったと判断された可能性が高いです。

書類では、その人の本当の実力を判断するのは難しいので重要なのは面接です。

D直近に設計した建物の構造設計内容をヒアリングする。
建物規模、架構形式、設計ルート、使用プログラム、使用材料、基礎形式、申請した適判機関など。自分で設計していれば、このくらいは、すらすら答えられるはずです。

E最近、設計基準について意見を求める。
設計に対する考え方を聞きたいとし、最近、改定された設計基準について、どう考えるか、聞いてみます。
今であれば、2018年RC規準の改訂内容について、意見を求めてみる。
現役の構造設計者であれば、内容程度は把握しているはず。

そして、最後に筆記試験を行いましょう。
簡単な応力計算、断面算定。そして、構造一級の修了考査問題を何問か、拝借。





採用する方も採用される方法も生活、人生がかかっています。失礼とは思わずにしっかりと確認することです。
少なくとも学歴や前職の会社の大小などにとらわれないことが必要です。


尚、「建築構造設計べんりねっと」でも求人情報ページがあります。

http://arc-structure.sakura.ne.jp/job.htm

掲載は無料(自由)なので、企業様、設計事務所はぜひ、どうぞ!
posted by 建築構造設計べんりねっと at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム