2019年10月30日

構造の経済設計「RC造は型枠数量を減らすこと」

RC造構造躯体に占める各工事の金額を概算で算定すると以下になります。
概算数量は単位面積当たりの歩掛を使用します。




●RC造のコスト比
コンクリート:0.89×14,920=13,280円/u
鉄筋:0.12×121,000=14,520円/u
型枠:4.95×4,900=24,260円/u

合計:52,060円/u(172,320円/坪)

以上のように上部構造躯体で最もコストが掛かっているのが型枠です。1/2弱が型枠工事です。つまり、構造の経済設計、コストダウンをするには型枠数量を減らす事が最も効果的です。これは各部材単位で考えた場合も同じです。
images (1).jpeg
まず、この事を頭に入れておきましょう。各部材の経済設計手法は別の所で説明します。

では、型枠はどの部分が多いかと言うとずばり、壁です。

壁が取り付いている柱、大梁だと断面形状を変えても型枠数量は変わりません。柱や大梁の断面を絞るよりもRCの壁を無くしてしまう方が経済設計には効果的です。極端に言うと外壁を全て、サッシ、内壁を全て、乾式とすると構造のコストは大幅に下がります。但し、サッシの価格はRC壁よりも高いので、建物全体で考えるとコストは上がってしまいます。また、構造で必要な耐震壁もあるでしょう。

結論としては、外壁と構造で必要な耐震壁以外は全て、乾式壁とする事が最も経済的な計画です。計画を見て、乾式に出来るRC壁があるようでしたら、積極的に乾式にする提案をしましょう。
また、階高が上がるような計画を行うと壁型枠が大幅に増加します。階高は極力、抑える計画とする事が重要です。階高が上がると躯体以上に高い壁の仕上げも増え、更にコストがあがります。

次に型枠が多いのはスラブですが、スラブ型枠は床面積で決まるので減らすことは出来ません。

その他、RCから変えられるものとしては、手摺りなどがあります。

こう考えると壁式構造はコスト的には効果が良くない構造形式だと言う事も分かると思います。

尚、補足ですが、この事は鉄骨造でも同じです。外壁サイディングの場合は壁下地のC形鋼がかなりの数量になります。非構造部分をなくした方がコストは下がります。



≪まとめ≫
●上部構造躯体で最もコストが掛かっているのが型枠
●構造コストを下げるにはRC壁を減らすのが一番効果的



P投げ銭!
posted by 建築構造設計べんりねっと at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済設計手法