2019年10月16日

構造設計事務所の年間売上、社員の年収って、どのくらい?

 構造設計事務所の年間の売上高を調査してみました。調査方法は、リクナビ等の求人サイトの会社概要データに記載されている売上高の集計です。
 事務所名は表記していませんが、どこも純粋な構造設計専業の事務所です。

売上高.png

社員数平均30人の構造設計事務所の年間売上高は3億円弱、一人当たり1千万円弱


社員数30人と言うと比較的に大きい構造設計事務所にはなると思いますが、10数人規模で集計しても同じ程度です。




さて、この金額を大きいと思うか?、小さいと思うか?

もちろん、売上高なので利益ではありませんが、構造設計事務所は仕入れや外部委託はありませんので
経費は他の業種に比べ、大きくありません。一般の会社と同じ事務所賃料、光熱費等を除くと印刷代、
文房具、各種プログラムの保守管理料くらい。

ざっと、経費を計算してみます。
・事務所家賃 1,000,000円×12か月    = 12,000,000円
・光熱費等   250,000円×12か月    = 3,000,000円
・社会保険等  400,000円×30人     = 12,000,000円
・その他経費  100,000円×30人×12か月 = 36,000,000円
・法人税等  10,00,000円        = 10,000,000円

合 計                  25,300,000円

社員の給与を除いた経費は、2,500万円程度。

では、社員の給与はどのくらい払えるか?

会社利益を2000万円とし、売上高の3億円から、経費、利益を引くと残りは、2億5千5百万円。
社員数で割ると一人当たりの年収です。

なんと構造設計事務所の平均年収は、850万円になります!

日本の平均年収441万円の2倍近くになるではないか!平均なので、ベテランになると1000万円以上になるはず。

ここまでの年収がないとすると社長が儲け過ぎ?だとすると自分で構造事務所を作るのが一番だ。


何か、計算違ってますかね。。。


posted by 建築構造設計べんりねっと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート