2019年05月28日

日本の近現代建築の構造設計を支えた構造家の調査資料

我が国の近現代建築に関わる構造資料の概要把握調査として、国立近現代建築資料館が公開しています。

http://nama.bunka.go.jp/gaiyo/houkoku.html

国立近現代建築資料館とは、2012年11月に設置された建築資料を専門に扱うアーカイブ施設です。日本の近現代建築に関する建築資料(図面等) を保存しています。
04DCC38B-ADFC-4359-83D6-7FEBE90289B8-1024x683.png
日本の近現代建築の構造設計を支えた構造家の資料も貴重な日本の財産です。

設計事務所やご自宅にあった貴重な資料を譲り受け、保存を行う事業を行っています。

内容は非常に興味深いものであり、歴史を感じます。また、現在においても高度な理論を大昔に作っていることに凄さを感じます。






国立近現代建築資料館は見学も出来ますので興味のある方は是非、どうぞ!

場所は東京都文京区湯島です。

http://nama.bunka.go.jp/
posted by 建築構造設計べんりねっと at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2019年05月27日

構造家の感性に触れる

構造家と呼ばれる人達は、何を考えて構造設計しているのだろうか?どのような思考で構造設計しているのだろうか?

我々、普通の構造設計者は話す機会もなく、その思考を知る事が出来ない。。。

方法があった!Twitterのつぶやきを見てみよう。(笑)
6fe5485c6e628e8ae22cde5fc1192e88.png
構造家のTwitterアカウントを探してみました。尚、更新の多い順に並べています。


坪井宏嗣
https://twitter.com/hiro_tsuboi

木下 洋介
https://twitter.com/knsty401

満田衛資
https://twitter.com/mitsudaeisuke

腰原幹雄
https://twitter.com/mkoshihara

金田泰裕
https://twitter.com/YasuhiroKaneda

今川憲英& TIS
https://twitter.com/TIS_Partners

金箱温春
https://twitter.com/kanebako1

萬田隆
https://twitter.com/man_taka

そして、
建築構造設計べんりねっと 管理人
https://twitter.com/arcstructure

ん?構造家じゃない?(笑)




posted by 建築構造設計べんりねっと at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月24日

アトリエ構造設計事務所の仕事 2019in 仙台

6/30、せんだいメディアテークにて「アトリエ構造設計事務所の仕事」セミナーが開催されます。
IMG_20190524_220537.jpg

様々な建築家と協同し、多彩で魅力的な建築構造を設計、提案してきた構造設計者8人(大野博史、木下洋介、坂田涼太郎、多田脩二、名和研二、長谷川大輔、村田龍馬、山田憲明、※敬称略)がアトリエ系構造設計事務所での働き方を語ります。

IMG_20190524_220543.jpg

併せて、せんだいメディアテーク構造見学ツアーも開催されます。

佐々木睦朗構造計画研究所OBで構造を担当された鈴木啓氏の話を建築を前にして聞けます。

ほか、特別講演として東北大学の小野田泰明先生による講演があります。


【会場】せんだいメディアテーク1階・オープンスクエア

【日時】2019年6月30日(日)13:00〜17:30(12:30開場)

【参加費】無料

せんだいメディアテーク構造見学ツアーは10:30〜11:30。

お申し込みはコチラから。



posted by 建築構造設計べんりねっと at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース