2019年03月27日

いまさら、構造BIMを学ぶA〜BIMに対する疑問

さっそく、BIMを学んでみるが、まず、私のBIMに対する疑問を上げてみる。
b2693a8ef0a0251981010a7b02053b98.png

@ユニオンシステムのSS7で出来るのか?
他に必要なプログラムは?

A一貫構造計算プログラム(SS7)データで自動的に3D図面が出来るの?別で3DのCAD入力するのでは面倒。非常に手間が増える。

B一貫構造計算プログラム(SS7)データは、意匠図データから作れるのか?それでないと意匠との整合性が取れないのでは。

C建物形状を完全に一貫構造計算プログラム(SS7)に入力する事は出来ない。その場合は別途、手で3D図面を補正するのか?

D構造計算の再計算をしたら、自動的に3D図面に反映されるのか?手で補正した3D図面データにも反映されるのか?

E二次部材の一貫構造計算プログラムで計算するのか?SS7は対応してるのか?

F最終の構造図は2Dで出力し、別途、BIMデータを渡すのか?

G意匠が変更した場合、構造も全て自動的に変更されるとは思わないが、何処まで対応されるのか?スパン、階高などの基本データ、開口位置などは反映されるのか?今まで通り、変更になった連絡を受けて、構造が対応するのか?




H意匠、構造、設備の全てのデータが一体になる必要があるが、データはサーバー上やクラウド上に置くのか?

I積算も自動で出来るのか?積算業務はなくなったしまうの?構造設計者の責任が重大になる。

J鉄筋の納まりまで確認出来るようだが、パネンゾーンなど絶対的に納まりそうにない部分の扱いはどうなるのか?NG表示されてしまうのか?

KBIMで確認申請を出来るようだが、申請資料はデータのみで良いのか?

L意匠、構造、設備とも同じプログラムを使わないとならないのか?

M鉄筋の納め方も様々あるが、そこまで指定しないとならないのか?梁主筋のXY方向による上下など。施工業者の考えにもよる部分もある。

N例えば、増打や水平ブレースの位置とかも正確に入力しないとならないのか?施工図に近くなってしまうのか?
更に構造設計者の負担が増えそうだ。

OREVITって、何?どう読むのか?どんなプログラム?

PCIMと言う言葉もある。BIMと何が違う?

Q結局、プログラムはユーザーが多いのが一番だが、どこのプログラムを使うのが良いのか?互換性はどうなるのか?

RBIMによって、構造設計者は幸せになるのか?作業はどのくらい増える?設計料は上がるのか?

SBIMによって、構造設計者のレベルは上がるのか?

こう考えるとだんだん、憂鬱になってきました。作業と責任は確実に増える気がします。

P投げ銭!
posted by 建築構造設計べんりねっと at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート

いまさら、構造BIMを学ぶ@

皆さん、BIMを使ってますか?理解してますか?
と言う私が理解してません。今更ですが、BIMを学んでみたいと思ってます。

ここ最近でも以下のニュースがありました。

「構造部門で初の“BIMによる確認申請”、大和ハウス工業が実現」
https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/spv/1810/25/news044.html

「日建設計が構造BIMツールを無償公開」
https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/spv/1803/22/news022.html

BIMが話題になっています。
images.jpeg
もちろん、私もBIMと言う言葉、概要は知っています。

私が知っていることは、こんな程度。

●BIMとは、Building Infortmation Modeling(ビルディング・インフォメーション・モデリング)

●3Dデータで、意匠・構造・設備のあらゆる物をモデリング。それぞれの納まり、干渉のチェックが出来、整合性も保たれる。

●構造計算データとも連携が可能。計算書と構造図の不整合もなくなる。

●各構造計算プログラムメーカーも取り組みを行っている。

●施工データ他、様々な検討に利用可能。



こう見ると良いことばかりであるが、現実として、利用している人は少ない。
なぜだろうか?

私個人のイメージで言うと入力が面倒。関係する全ての人(意匠設計、設備設計、施工)の賛同がないと効果が少ない。

こんな所だと思う。

しかし、ニュースにも取り上げられ、大手ゼネコンやプログラムメーカーも力を入れている。きっと、効果があるはず。

食わず嫌いせずにBIMについて、勉強してみようと思う。

BIMはいつから、あるのだろう?私が知ったのはいつ頃?

WikipediaによるとBIMの概念は1970年代後半から、あるらしい。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/BIM

建築構造設計べんりねっとの掲示板(建築構造設計会議室)でBIMと言う単語が取り上げられたのは2015年。

一般の構造設計者の興味も低いのだろう。

BIM、不要などと思わず、今更ながら、勉強してみます。
P投げ銭!
タグ:BIM 構造設計
posted by 建築構造設計べんりねっと at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート

2019年03月25日

有名構造家の設計単価はいくら?

構造家と呼ばれる設計者に構造設計を依頼すると構造設計料金はどのくらいになるのだろうか?



まずは一般の構造設計者による構造設計単価を調べてみました。

【建築構造設計べんりねっとによる調査】
http://arc-structure.sakura.ne.jp/service04.htm
平成30年、建築構造設計べんりねっとが調査した単価は平均で、1310円/u

まあ、我々、一般の構造設計者であればこの程度でしょう。

【告示による標準業務報酬】
http://www.taaf.or.jp/architect_office/04.html
東京都建築士事務所協会によるとRC5階建てマンション、1500uで全設計料金が3531万円。この1/5が構造設計料金とすると4700円/u

我々、一般の構造設計者では、こんなに貰えませんよね。

さて、有名構造家の構造設計単価は?

704735_131515797014509_393911058_o.jpg

有名な構造家と言うと例えば以下の方々

2018年日本構造デザイン賞受賞
●山脇克彦建築構造設計
●Arup 谷川 充丈氏

超有名なところでは以下の先生方
●金箱構造設計事務所
●佐々木睦朗構造計画研究所

他にも優れた構造家と言われる設計者は居ます。
http://arc-structure.sakura.ne.jp/report09.htm

優れた構造設計をして頂けるのは間違いありません。
さて、問題は構造設計料金。

どのくらいの単価になるのでしょうか?

以下は私の経験での話です。

【ケース1】
某日○設計に設計一式を依頼した事があります。バブル時代かと思わせるような総工費の10%くらいを払いました。

まさに東京都建築士事務所協会で出している報酬と同じくらいです。
足元を見られてたかな。
訳あって、依頼先が決まっていたのでネゴシエーションもしませんでした。

【ケース2】
某有名構造家先生の事務所に構造設計を依頼した事があります。もちろん、担当したのは某有名構造家先生ではありません。建物は普通のマンション。やや高い程度で普通の単価でした。

【ケース3】
外資系の某エンジニアリング事務所に依頼した事があります。建物は少し複雑。もちろん、担当は名の知れた有名構造家ではありせまん。構造設計単価は普通の事務所よりも5割増し程度。

それなりの料金を覚悟してましたけど、それ程ではありませんでした。

【ケース4】
有名構造家と言う程の方ではありませんが、雑誌に出ているような構造設計者に構造設計を依頼した事があります。
きっかけは意匠事務所からの推薦です。
打合せの時に雑誌の切り抜きや某有名構造設計事務所での経歴を説明されました。
その物件では予算の都合もあったので、こちらの希望額をぶつけたら、すんなり、OK。

私の結論

結局、バカ高い単価では仕事も取れない。事務所の経営上、難易度の高い仕事に限定する訳にもいかない。
普通の建物であれば、法外な料金にはなりません。もちろん、有名構造家先生の設計ではありませんが。

そもそも、お金だけで動くような方々ではないのでしょう。

でも、有名建築家設計の構造設計を請けたら、儲かるのでしょう?妥協のない、たくさんの要求があって、つらそうです。
まあ、我々、一般の構造設計者には無用の心配ですか。
posted by 建築構造設計べんりねっと at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム