2018年12月24日

構造設計一級建築士の合格率の推移と分析

12月21日、平成30年度の構造設計一級建築士の合格発表が行われました。今年の合格率(修了率)は40.4%と過去最高となりました。

以下に今までの合格率の推移を表します。
合格率の推移.png

今年の合格率を押し上げたのは申込区分U(法適合確認のみ)、申込区分V(構造設計のみ)の再受講者の合格率がそれぞれ、82.4% 、60.5%と上がったのも影響しています。
全体的に見ても合格率は上昇傾向です。構造設計者のレベルも上昇傾向なのでしょうか?

さて、この上昇傾向の要因としては、受験対策が確立されてきた事もあると思います。制度開始当初は対策講座等は皆無でしたが、今では日建学院、総合資格などで対策講座が行なわれ、問題も配布されるようになりました。
一級建築士は受験対策が完全に確立されています。

これら建築士資格には、実務経験が必要とされています。しかし、どうでしょうか?

仕事で建築設計の多くの実務能力を身につけるよりも残業もせずに資格学校に通っている人の方が早く合格しているのではないかと思います。特に若い設計者が就職して数年は実務能力を身につける事よりも建築士試験対策に多くの時間を割いている事が気になります。






12月8日、建築士試験の受験資格を見直す改正建築士法が参院本会議で可決、成立しました。受験要件である実務経験を建築士の免許登録時の要件に改められ、建築士試験の受験機会の前倒しが可能になりました。

これは実務能力を軽視する、そして、建築士制度をダメにしてしまう流れに繋がらないか心配です。

設計の実務能力を適正に評価できる試験制度が出来れば良いのですが、試験には多くの手間がかかり、現実的ではありません。



今後、JSCAの建築構造士が構造設計一級建築士を超える上位資格になってしまうかもしれません。


posted by 建築構造設計べんりねっと at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート

2018年12月16日

最新地震シミュレーションによる地震地域係数の提案

今年も様々な災害が起きました。大阪府北部地震、北海道胆振東部地震、西日本豪雨。北海道においては地震地域係数が低い地域でした。平成28年の熊本地震では地域係数の低い地域で大地震が発生し、議論になりましたが、未だ、改正はありません。

平成31年1月より、地震保険が値上げになります。
地震保険の料率算出とは、地震調査研究推進本部が公表している確率論的地震動予測地図の作成に用いられた客観的で高精度の地震発生データ(震源モデル)を利用し、被害予測シミュレーションにより将来の支払保険金を予測し、算出されたものです。
地震保険の料率については数年ごとには見直しが行われています。

さて、これに対し、建築基準法で定められている地震地域係数の妥当性はどうなのでしょうか?
この係数は昭和53年改正以来、見直しはされていません。

そこで、建築基準法の地震地域係数を地震保険料率に合わせ、調整した『修正地震地域係数』を算出してみました。
算出方法は地震保険料率の最大最小値(2.50〜0.71)の比率より、地震地域係数を1.2〜0.80の範囲で調整としました。
結果は以下になります。
地域係数.png

●東京、神奈川、千葉は静岡と同じ地域係数 1.0 → 1.2となる。
●南海沖地震被害の可能性がある愛知、三重、和歌山は地域係数 1.0 → 1.1
●茨城、大阪、徳島、高知、愛媛、大分、宮崎も地域係数が上がる。
●建築基準法の地域係数が0.70の沖縄は平均の1.0となる。






南海沖地震の被害の恐れのある地域や活断層が見つかった地域など、最新の知見では構造技術者も妥当と思える値と思います。そして、地震が起きないと言われている沖縄も小さい値ではありません。

もちろん、建築基準法で告示の地震地域係数を上回る値で設計する事を禁じている訳ではありません。設計者はこれらの事を考慮し、地震地域係数の設定を行うことが必要です。

なお、耐震等級3とすると地震保険は50%割引となります。逆数は2.0ですので、1.5倍の強度とは2倍被害が軽減できるということになります。

P投げ銭!
posted by 建築構造設計べんりねっと at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート

2018年12月01日

『建築構造設計べんりねっと』オリジナルプログラム!boothによる販売開始

たくさんのユーザー様にご購入頂いております『建築構造設計べんりねっと』オリジナルプログラムですが、DL Marketと提携し、販売を行っていますが、システム障害により、DL Marketから購入出来なくなっております。

●DL Marketのシステム障害について
https://www.dlmarket.jp/

●『建築構造設計べんりねっと』オリジナルプログラム
http://arc-structure.sakura.ne.jp/program.htm#DLMARKET

DL Marketのシステム復旧には、2、3ヶ月以上がかかる見込みとの事なので、ネットショップサービス「Booth」による販売を開始しました。

Boothによる販売ページ↓↓↓↓↓

https://arc-structure.booth.pm/

35AA53F1-0A43-4F83-B9D9-7131D3B5735E.jpeg

お支払いは、PayPal決済・クレジットカード支払い・楽天ペイ・銀行決済・コンビニ決済に対応しております。

今後とも宜しくお願いします。

人気プログラムBEST3

1位:自沈層のあるSS試験結果からの地耐力計算(累計販売実績:293本)
https://arc-structure.booth.pm/items/1120981

2位:L型擁壁の自動計算(累計販売実績:177本)
https://arc-structure.booth.pm/items/1121021

3位:コンクリートブロック土留めの設計(累計販売実績:160本)
https://arc-structure.booth.pm/items/1121029
posted by 建築構造設計べんりねっと at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース