2017年10月12日

一貫構造計算プログラムの“一貫”って、何?

柱、大梁を含む建物の耐震計算を行う構造計算プログラムの事を『一貫構造計算プログラム』と言います。
「この“一貫”って、何?、何が“一貫”なの?」





若手構造設計者(笑)である私も使った事はないのですが、昔は、CMQ計算、地震力計算、応力計算、断面検定などが別々のプログラムとなっており、それぞれの結果を次の計算プログラムに入力し、計算を進めると言う形式だったそうです。

それが、架構認識、剛性計算、荷重計算、応力計算、ルート判定、断面検定まで、一つの入力データで一連で計算出来るようになったのが、一貫構造計算プログラムと言われるものです。
つまり、今まで別々のプログラムを組み合わせ、建物の構造計算を行っていたものが、一貫で出来るようなったので、一貫構造計算プログラムと呼ばれるようになったのです。ユニオンシステム社が一貫構造計算プログラムSS1を出したのが、1987年。

しかし、この当時は未だ、保有水平耐力計算は別のプログラムでした。ユニオンシステムプログラムで言うと一次設計をするのがSS1。そして、保有耐力計算をするにはSS1データをUS2と言うプログラムに読み込んで計算していました。
今では一次設計から保有耐力計算まで一連で流れるのが当たり前ですが、以前は一貫とは言え、保有耐力計算は別プログラムだったのです。今から、考えると保有耐力まで流れてないのは一貫とは言えません。SUPER BUILDシリーズでは、SS2シリーズからですので2002年からです。今、考えれば、この時代でやっと一貫です。

SUPER BUILDシリーズもSS3、SS7と機能アップを続けています。他のBUILD一貫、BUSも同様に機能アップしています。今後の一貫とは、どこまで一貫で出来るのでしょうか?

図面作成は既に各社対応済みです。次は二次部材の完全一貫ですかね。

今でも構造計算書一式を作るのには、その他の計算書が必要です。設計荷重表、二次部材計算、プログラムに入力するための準備計算、その他。

これらの計算書が全て、取り込まれ、一貫構造計算プログラムに出力だけで構造計算書がまとまったら、スマートですよね。



posted by 建築構造設計べんりねっと at 22:32| Comment(0) | コラム

2017年10月03日

構造設計のアウトソーシングで売上拡大!業務効率化!

ランサーズと言うサービスをご存知ですか?

「仕事を発注する企業と仕事を受注する個人とを仲介してくれるWebサービスです。」



と言うと何やら、怪しいネットビジネスのような気がしますが、取引先にはソニー株式会社、内閣府、パナソニック株式会社など有名企業も多数、含まれる信頼出来るサービスです。
コストを抑えて、売上を拡大したい構造設計事務所に最適です。

仕組みは、こうです。

確かな技術力と優良クライアントを持って、構造設計事務所を設立したAさん。仕事はたくさんあるのですが、今は固定費を抑えたいので一人で計算から図面作成まで頑張って、こなしています。
休みもなく、頑張っていますが、これでは、多くの仕事を捌けない。図面を書く時間がネックです。しかし、社員を雇うのは、まだ、先にしたい。軸組図とか部材リストだけでもアウトソーシング出来たら。。。

ゼネコンに勤めるBさん。一人前と言われる程度になり、今はバリバリ仕事をこなしたい。子供にもお金をかかるようになってきた。
しかし、働き方改革と言う残業制限のため、暇な時間が増えた。本当はバリバリ仕事して、稼ぎたいのに。
余暇に仕事をするにしても、何処から仕事を請けたら良いのか。会社にも内緒にしたい。

このようなAさんとBさんを繋ぐサービスがランサーズです。





Aさんがランサーズに登録し、図面作成を発注します。
仕事をしたいBさんもランサーズに登録し、仕事の依頼をサイト上で探します。そして、条件にあったAさんの仕事に申し込みます。Aさんは登録されたBさんのプロフィール(スキルなど)を確認し、この人なら問題ないと思い、仕事を発注します。
仕事の完了後に報酬を貰います。支払いはランサーズを通して、行われるので安心です。
高いスキルを持ったBさんの仕事は完璧でAさんも満足です。

ランサーズとは、このようなサービスです。

構造設計一式を依頼するのは無理でしょう。また、多くの打ち合わせが必要な作業も難しいと思います。しかし、軸組図や部材リスト程度なら、簡単な指示をすれば作業が可能です。

Aさんにとっては低いコストでアウトソーシングが出来る事がメリット。Bさんにとっては余暇で収入を増やせる。また、他人の設計を見るのは勉強にもなります。

設計業務はお互いの信頼の上で成り立っている部分が多いと思います。ネックサービスでも、その向こうに居るのは一人の人。
ネットでも、信頼出来る人を見付ける事も可能ではないでしょうか。


posted by 建築構造設計べんりねっと at 21:50| Comment(0) | レポート

2017年09月26日

建築構造設計会議室を盛り上げてくれた構造屋さん達

『建築構造設計べんりねっと』のメインコンテンツ「建築構造設計会議室(掲示板)

会議室がここまで盛り上がったのは、数々の構造設計のベテラン、そして楽しい参加者の方が居たからです。
http://arc-structure.sakura.ne.jp/bbs.htm

そこで、会議室で忘れてはならない方々を紹介します。この会議室が長い方は懐かしいと思う人もいると思います。




喰えないラーメン屋 さん
かなりのベテラン構造屋さんと思われます。初期のメインメンバーです。少しふざけた感じの書き込みが楽しい!何やら、いつも焼酎を飲んでるとか(笑)

昭ちゃんさん
いつも的確な回答。様々な構造設計に対する問題提議。昭ちゃんさんも初期からのメンバーです。たまに厳しい御言葉も。

その他に、もぐらさん、imaさん、Lionさん、天婆〜さんなど技術的にも優れた、魅力的な方々が参加してくれました。

そして、平成17年の耐震偽装事件、平成19年の建築基準法改正により、一気に参加者が増えました。

確認検査員Aさん
建築基準法改正で混乱している中、的確に法解釈、基準解釈を教えてくれました。本当に確認検査機関に勤める人だったらしいです。立場上、書き込みが出来なくなったようなのが非常に残念です。

京子(敢えて、さん付けなし/笑)
男性中心の会議室に突如、現れた女性らしき?人。何やら、海外で構造設計をしてるとか。。。自由奔放な発言で会議室を盛り上げてくれました。本当に女性か、どうかは不明です。。。

木っ端役人さん
突然、問題提議をして、会議室が炎上することも。

風(かぜ)さん、濱さん、鳥刺し好きさん、ツァウストラさんも議論を盛り上げてくれました。

この会議室のベテランの方々から、すると「おいおい、この人を忘れんなよ」と言う方もまだまだ、たくさん居ると思います。

星1すいません。。。

一時期より、この掲示板は初心者には厳しいとの話も出ましたが、また、構造設計の楽しい議論をしたいですね。


posted by 建築構造設計べんりねっと at 22:50| Comment(0) | コラム