2018年06月18日

AIによる構造設計の法的責任

サッカーワールドカップが開幕しました。
今大会では、ビデオで判定を補助するVAR(ビデオアシスタントレフェリー)、
ゴールインを自動判定するゴールラインテクノロジーなどのテクノロジーが導入されています。

今まで人間が判断していたものが機械に委ねられるようになりました。これからも様々な判定が機械に委ねられるようになるでしょう。
しかし、これはどのくらいの精度があるものなのでしょうか。また、システムにトラブルがあった場合は誰が責任を取るのでしょうか?

最終責任は審判ですか?他の人が作った機械による判断の責任を別の人が取るのでしょうか?

車の自動運転技術も同じような議論があります。
puffer (2).jpeg

さて、AIを構造設計に導入する研究も行われています。構造設計AIが出来た際の設計責任は、誰に属するのでしょうか?また、建築士法はどのように変わるのでしょうか。

プログラム(AI)メーカーではなく、あくまで各構造設計者(人間)の責任になるとしたら、プログラム(AIシステム?)のアウトプット、計算過程のチェックが必要です。ここで自分の考えに合わない場合は修正指示をする。これでは人工知能ではなく、ただのオペレーターです。






構造設計AIが実現した近未来では、設計内容をチェックするために構造設計者(人間)が昔(現在)の一貫構造計算プログラムを使って、妥当性を確認するとか笑えない状況になってるかもしれません。

そもそも、スポーツのルールも構造設計の基準、構造計算も完全なものではありません。また、予期せぬ事態、不確実性と言うものもあります。この中でも唯一無二の解を求めるなど、意味のない事かもしれません。

最終責任は構造設計者にある、AIの行った設計を隅から隅までチェックしないとならないなら、AIよりも自分のクローンを作ってくれたら、構造設計者は喜ぶ。
学習させればクローン的になるのだろうか。

今ある大臣認定プログラムもバージョンアップがあるとそれで設計された建物は既存不適格になる。(変更、改定内容によるが)

構造設計AIもバージョンアップがあると、構造設計AI君は「それは前のバージョンだから」と他人事のように対応するのだろうか。
posted by 建築構造設計べんりねっと at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2018年05月29日

CLT、先行している会社は、どこ?

話題のCLT、どの会社が先行してる?
index_top_img1.jpg
話題のCLT工法、先行してるのは何処の会社なのか調べてみました。

ちなみにCLTに関する団体は、以下があります。

CLT建築推進協議会
http://www.clt-kenchiku.org

日本CLT協会
http://clta.jp

日本CLT技術研究所
http://www.s-housing.jp/archives/130712


【三菱地所】CLTを床材に利用した高層建築物(10階建)
 設計:竹中工務店
 施工:竹中工務店

【ナイス株式会社】CLTと鉄筋コンクリート造の平面混構造、物流センター事務所棟(2階建)
 設計:ナイス株式会社
 施工:ナイス株式会社
 構造設計 :木構造建築センター

【アキュラホーム】CLTをつかった住宅商品「キラクノイエ」を発売

【松尾建設】新本店ビル(S造6階建て)、CLTを2−5階の構造床材に使用る。
 設計:松尾建設
 施工:松尾建設

【カヤバホーム】CLTと重量鉄骨を組み合わせた3階建て事務所ビル

【三井ホーム】CLTと2×4組み合わせたオフィスビル

【ポラス】CLTなどを活用した木造3階建ての新社屋

【防災科学技術研究所/日本CLT協会/日本システム設計】「E‐ディフェンス」でCLT構造物の震動実験


その他にも日本CLT協会のホームページにて、CLTの実績が紹介されています。

http://clta.jp/clt-map/

新しい技術は先行することが大事です。今後、これらの企業がCLTを更に導引していくのでしょう。




posted by 建築構造設計べんりねっと at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート

2018年05月23日

【CADロボ 構造図の自動更新】これは凄い!一貫構造計算プログラムの入力も楽しくなる。

SS3他、一貫構造計算プログラムのデータから、図面を自動的に作成するソフト「CADロボ」
構造図の自動更新される機能が凄い!便利!



図面の完成度を上げるために一貫構造計算プログラムの入力も楽しくなってきますね。こだわって、細かい所まで入力しすぎてしまうかも(笑)



posted by 建築構造設計べんりねっと at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート