2019年10月16日

構造設計事務所の年間売上、社員の年収って、どのくらい?

 構造設計事務所の年間の売上高を調査してみました。調査方法は、リクナビ等の求人サイトの会社概要データに記載されている売上高の集計です。
 事務所名は表記していませんが、どこも純粋な構造設計専業の事務所です。

売上高.png

社員数平均30人の構造設計事務所の年間売上高は3億円弱、一人当たり1千万円弱


社員数30人と言うと比較的に大きい構造設計事務所にはなると思いますが、10数人規模で集計しても同じ程度です。




さて、この金額を大きいと思うか?、小さいと思うか?

もちろん、売上高なので利益ではありませんが、構造設計事務所は仕入れや外部委託はありませんので
経費は他の業種に比べ、大きくありません。一般の会社と同じ事務所賃料、光熱費等を除くと印刷代、
文房具、各種プログラムの保守管理料くらい。

ざっと、経費を計算してみます。
・事務所家賃 1,000,000円×12か月    = 12,000,000円
・光熱費等   250,000円×12か月    = 3,000,000円
・社会保険等  400,000円×30人     = 12,000,000円
・その他経費  100,000円×30人×12か月 = 36,000,000円
・法人税等  10,00,000円        = 10,000,000円

合 計                  25,300,000円

社員の給与を除いた経費は、2,500万円程度。

では、社員の給与はどのくらい払えるか?

会社利益を2000万円とし、売上高の3億円から、経費、利益を引くと残りは、2億5千5百万円。
社員数で割ると一人当たりの年収です。

なんと構造設計事務所の平均年収は、850万円になります!

日本の平均年収441万円の2倍近くになるではないか!平均なので、ベテランになると1000万円以上になるはず。

ここまでの年収がないとすると社長が儲け過ぎ?だとすると自分で構造事務所を作るのが一番だ。


何か、計算違ってますかね。。。


posted by 建築構造設計べんりねっと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レポート

2019年10月12日

実際にあった建築構造の笑えない話

私が聞いた過去に実際にあったことです。住宅メーカー、不動産会社の営業マンの笑えない営業トーク。
営業.jpg

平成27年、30年、免震装置、制振ダンパー性能偽装事件を受けて
「安心して下さい。弊社のマンションは、免震でも制振構造でもない耐震構造なので、地震に強いです。」

ん、耐震構造の方が強い?免震、制振より?


土石流被害のニュースを受けて
「土石流を受けても、建物が被害を受けないように1階には壁がない構造となっています。土石流が柱と柱の間を抜けていきますので安心です。」

ピロティになってるやんけ!土石流には強くなっても、地震に弱くなってる。






平成30年、大和ハウスの大臣認定不適合事件を受けて
「安心して、下さい!うちの建物は国土交通大臣ではなく、もっと厳しい民間会社の確認申請を受けてますから!」

大臣認定、性能評価の方が審査が厳しいと思うが。


平成27年、旭化成建材、杭施工データ偽装事件を受けて
客:「建物が沈んで傾いてるようなんだけど」
住宅メーカー営業マン:「確かに沈んでますね。でも、安心して下さい。ニュースになってる旭化成のような杭は打ってませんので」
客:「原因は?」
住宅メーカー営業マン:「悪いのは地盤ですね。」
客:「そうか、うちの土地の地盤が悪かったのか。」

そんな言い訳が通用するのか?悪いのは設計では。


平成23年、東日本大震災を受けて。東京、震度5
客:「建物にヒビが入ってるのだけど、原因はなにかしら?」
設計担当:「調べましたが、原因は地震ですね。でも、安心して下さい。直りますので。直ぐに見積りを持ってきます。」

そんな言い訳が通用するのか?地震で壊れないようにするのが設計では?震度5程度では。


平成17年、構造計算書偽造事件(耐震偽装事件)を受けて
「安心して、下さい!弊社の住宅は、構造計算をしていませんから、偽造はありますん。」

本当に笑えない。。。。




もっと、笑えない話。
友人:「中古マンションを買おうと思ってるのだけど。いわく付きのマンションで耐震強度が低いと言うらしいのだけど、大丈夫かな?」
私:「図面と計算書を見てみないと分からないけど、やめといたら。」


何らかの原因で耐震強度不足が発覚したが、取り壊しは逃れている。そんなマンションが流通しているらしい。

P投げ銭!
posted by 建築構造設計べんりねっと at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月30日

あなたは、このLINEスタンプが使いこなせるか?「直感で伝わる建築構造設計」

構造設計のLINEスタンプを見つけました。

2026DCAD-CF8D-4DC3-A199-D89F47555D6E.jpeg


直感で伝わる建築構造設計
作者:もりのくまさん
価格:¥120

https://store.line.me/stickershop/product/9129331/ja

面白いものを作る人が居るんですね。しかし、こういうものが苦手な世代である私には、どのように使うか、想像がつきません。
私がせいぜい、使えそうなのは、「オイラー(座屈)?」=「おいら?俺?」くらい。(笑)

きっと、建築を学んでいる学生さんなどは、上手に面白く使うのでしょう。若い感覚、感性で。

若い感覚、感性と言えば、音楽などの芸術やスポーツなどでは若い感覚、感性で進歩をしているのを感じます。明かに私が若かった頃よりもレベル上がっています。

構造設計業界は、どうでしょうか。建築設計の中でも意匠設計は新しい若い感覚、感性が活かせると思いますが、工学である構造設計は感覚、感性ではきっと難しいのでしょう。





posted by 建築構造設計べんりねっと at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 便利ツール